人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ハリーポッターと賢者の石(GC)

任天堂 その他

本、映画ともに大ヒットを記録し、誰もが一度はその名前を耳にしたことがあるだろう『ハリーポッター』。この第1作、『ハリーポッターと賢者の石』のゲームが、ゲームキューブに登場します。

ゲームのジャンルで言えば、オーソドックスなアドベンチャーです。アイテムを手に入れ、謎を解きつつ、先へ進んでいきます。ゲームキューブをもっている方だったら、『ゼルダ』によく似ている、といえばわかってもらえるでしょうか。ほぼフルボイスで、キャラクターたちがいろいろしゃべってくれます。

操作法としては、
・スティック--主人公、つまりハリーを操作
・Aボタン--状況に応じたアクション(はしごを上る、ドアを開けるなど)
・B・X・Yボタン--ボタンごとに魔法をセットでき、ボタンを押すことで魔法が使える。
・Rボタン--敵や標的に対し"注目"ができる。
・Lボタン--押し続けることで、主観視点に。スティックで操作
・Cスティック--カメラの移動
・Zボタン--"思いだし玉"を使う
この"思い出し玉"では、次に何をるればいいのかのリストを確認できたり、使用可能な魔法やアイテムの一覧や説明を見ることが出来ます。これは非常に便利なものだと思います。また、画面左上にあるゲージがライフメーターとなっています。

序盤をプレイしてみた感想としては、ロード時間が、あまりにも長いというわけではありませんが、ほかのGCソフトと比べると若干長いように思います。また、やはりムービー部分というか、デモ部分が少し長いなと感じました。しかし、こういった原作があるゲームの場合、その原作を守りつつ作らなければならないわけで、そういった意味では、こういったデモシーンが長くなってしまうのは宿命的なものだといってもいいのかもしれません。また、原作のファンの方であれば、こういったデモもストレスにはならないでしょう。操作感覚はよく、オーソドックスなボタン配置、直感的アクションが出来るおかげで、やっているうちにすぐ慣れることが出来ました。

原作のファンで、自分がハリーとなってあの物語の世界の中に入り込めることを魅力に感じる方ならば、まちがいなく買っておいて損はない1本でしょう。

GC『ハリーポッターと賢者の石』は、12月11日発売予定、価格は5800円となっています。
《OKOK》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

    【プレイレポ】『project OCTOPATH TRAVELER』3DCGとドット絵で描く世界が美しい…! 先行体験版で「バトルの駆け引き」や「没入感の高い物語」の片鱗に触れる

  2. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

    【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  3. スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

    スイッチ/PS4版『LOST SPHEAR』の体験版が配信開始!セーブデータは製品版に引き継ぎ可能

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  5. 【TGS2017】Switch版『バイオハザード リベレーションズ』2作をプレイ!モーション操作が全くの別ゲーに進化させていた

  6. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  7. 3DS向けVC『ポケットモンスター 金・銀』は、ポケモンの通信交換や対戦機能も搭載

  8. 一釣りいこうぜ!『モンハン ダブルクロス』コラボバスルアー発売決定―バルファルクやリオレウスなど3種

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』ガチマッチに参戦する時の心得 ─ これを読めば初心者でも勝てるかも?

アクセスランキングをもっと見る