人生にゲームをプラスするメディア

JR東日本と提携?岩田聡社長インタビュー

ゲームビジネス その他

最新号の日経ビジネス、10月6日号に任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。内容は『ポケモン』新作、中国市場、PSPが主です。

まず来年初めに発売予定の『ポケモン リーフグリーン・フレームレッド』で提供する新しい遊びについて「例えば、店舗や駅に無線基地のターミナルを置いてデータを配信することを考えている。今考えているのはスタンプラリーの無線版。スタンプの変わりに無線でキャラクターを得る形にしたい。アニメ版ポケモンの製作には広告会社のJR東日本企画が加わっているので、その親会社と提携できると思う」とJR東との提携も示唆しました。価格は4800円に据え置くそうです。

中国市場については、海賊版や流通在庫、物流、売り上げ回収など問題が沢山あるが、古くから付き合いのある中国系米国人と提携し、電子流通システムを構築することで一気にクリアする。10月中旬から上海など3都市で開始し、来年春には中国全土で始めるとしています。更に「任天堂一世代前まで小容量のマスクROMを採用していたのでメモリーカードにダウンロードする方式が採用しやすい。他社は光ディスクばかりなので同じ方法は採用しにくいだろう」とも。ライセンシーのタイトルも販売したいとしています。

PSPに関しては「中身が見えないので何とも言えない。ただ、目指しているものが正反対だと思う。だからこそ負けたくない。PSPの成否が、これからのゲーム産業がソフト産業になるのかハード産業になるかの分水嶺だと思っている」と話しています。

ちなみにiQueの社長になったWei Yen氏は任天堂の関連会社でAIの開発を行っていたikuniという会社の社長を務めていた人物です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

    編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

    『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  4. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  5. 【CEDEC 2011】イスラム世界とゲーム、課題と対策法は

  6. 【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡

  7. 今どきゲーム事情■中村彰憲:洋ゲー最前線:“天才の時代”復活?!デュラン・フィトラーの『Audiosurf』

  8. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  9. テイクツーとGameStopの株価が下落 ― 『グランド・セフト・オートV』の9月発売影響か

  10. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

アクセスランキングをもっと見る