人生にゲームをプラスするメディア

JR東日本と提携?岩田聡社長インタビュー

ゲームビジネス その他

最新号の日経ビジネス、10月6日号に任天堂の岩田聡社長へのインタビューが掲載されています。内容は『ポケモン』新作、中国市場、PSPが主です。

まず来年初めに発売予定の『ポケモン リーフグリーン・フレームレッド』で提供する新しい遊びについて「例えば、店舗や駅に無線基地のターミナルを置いてデータを配信することを考えている。今考えているのはスタンプラリーの無線版。スタンプの変わりに無線でキャラクターを得る形にしたい。アニメ版ポケモンの製作には広告会社のJR東日本企画が加わっているので、その親会社と提携できると思う」とJR東との提携も示唆しました。価格は4800円に据え置くそうです。

中国市場については、海賊版や流通在庫、物流、売り上げ回収など問題が沢山あるが、古くから付き合いのある中国系米国人と提携し、電子流通システムを構築することで一気にクリアする。10月中旬から上海など3都市で開始し、来年春には中国全土で始めるとしています。更に「任天堂一世代前まで小容量のマスクROMを採用していたのでメモリーカードにダウンロードする方式が採用しやすい。他社は光ディスクばかりなので同じ方法は採用しにくいだろう」とも。ライセンシーのタイトルも販売したいとしています。

PSPに関しては「中身が見えないので何とも言えない。ただ、目指しているものが正反対だと思う。だからこそ負けたくない。PSPの成否が、これからのゲーム産業がソフト産業になるのかハード産業になるかの分水嶺だと思っている」と話しています。

ちなみにiQueの社長になったWei Yen氏は任天堂の関連会社でAIの開発を行っていたikuniという会社の社長を務めていた人物です。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

    安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  4. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  5. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  6. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  7. 任天堂宮本氏「いつか引退する時のために準備は行っている」

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. ゲオとエイシス、PCゲームレンタル事業を2017年春より開始

  10. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

アクセスランキングをもっと見る