人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】天才ビットくん グラモンバトル(GC)

任天堂 その他

タイトーから発売されて人気を博した『ラクガキ王国』のシステムを搭載したゲーム。今回の東京ゲームショウではGC版とPS2がそれぞれ2台、3台設置されていました。

まず自分のグラモンを作成します。お絵かきツールのような感じの画面で作成しますが、操作性は凄く良くてシンプルなので簡単に操作できます。ただし思った通りのグラモンが描けるかどうかは腕次第。腕や足や頭といったパーツ毎に描いていきます。線で描いていき、囲うとその線の色に塗られるようです。色は自由に変える事が出来ますが、全部で使える線の長さは決まっています。描き終えたら、名前を付けて完了。私のような下手糞の絵でもなんとか動くグラモンになりました。ちょっぴり感動です。描いた絵によって動きやパラメーターは異なります。

さて、グラモンが描けたので早速トーナメントに参加してみます。トーナメントは「グラシアム」と呼ばれて1対1のバトルに参加して5回勝ち抜くと優勝です。バトルでは両方が技を出してその技が強い方が決まり、ダメージを与えられるという仕組みです。技は「こうげき」・「まほう」・「バリア」の3つがあり、「こうげき」は「バリア」に強く、「バリア」は「まほう」に強く、「まほう」は「こうげき」に強いという3すくみになっています。

ちなみに、毎度良く分らない自分のネーミングセンスで「くーかー」と命名されたカイジュウのような変なグラモンはやっぱり変な(名前忘れた)グラモンに1回戦であっけなく倒されてしまいました。

このゲームの良い点はチュートリアルがしっかりしている点でしょう。絵を描いてグラモンを作るというちょっと難しいルールなのでしっかりと説明をしてくれます。ただしこれは音声でずっと説明していくのでゲームショウの会場では少し聞き取りづらかったのが残念です。絵でも説明してくれればいいんですけどね。。。逆に悪い点というとテンポの悪さです。説明が多いというのもありますし、ロードが多いような感じを受けました。

とはいえ自分が描いたグラモンを戦わせて、、というのは今までに無いもので強いグラモンを作成できたときの喜びは他では味わえないものがあります。『天才ビット君グラモンバトル』は本日発売、5800円です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

    『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

    『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  4. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  5. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  6. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  7. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  8. 【Wii U DL販売ランキング】Wii版『ピクミン』シリーズのダウンロード版が登場、VC『エキサイトバイク64』もランクイン(6/26)

  9. ナムコ開発『スターフォックス2』初公開!

  10. 3DS『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』新ポケモン2匹の姿をお披露目、その正体とは…?

アクセスランキングをもっと見る