人生にゲームをプラスするメディア

最大規模のブースを展開、コナミグループ

任天堂 GC

最大規模のブースを展開、コナミグループ
  • 最大規模のブースを展開、コナミグループ
  • 最大規模のブースを展開、コナミグループ
メインとなった456ホールの中心にブースを構えたコナミグループの中心はもちろんコナミ本社。『メタルギア』からスポーツ物、音楽物、他社の取り扱い製品まで数多くのラインナップを並べていました。

一番注目を集めていたのはメタルギアシリーズでしょう。『ザ・ツイン・スネークス』も『3』もプレイアブルの試遊台は無かったものの、特設ステージでは常に映像が上映されていて、人影は絶えることがありませんでした。ちょっとやりすぎなくらいリアルでした。『3』の蛇を食べちゃうシーンなんてちょっと・・・。

次いで人気があったのはシミュレーションになった『Jリーグウイニングイレブン』には常に行列が出来ていました。既に発売中の『ウイイレ7』も出展されていました。

同じくスポーツ物の『実況パワフルプロ野球10』は発売済みてすが、12月発売のGBA『パワプロクンポケット6』と共に並んでいました。PS2版の『実況パワフルプロ野球10』の配布も行われていました。スポーツで言えばPS2『ロッキー』、『パーフェクトプレープロ野球 秋季版』なども展示されていました。

ソニンのCM発表会が行われたPS2『キャッスルバニア』ももちろん試遊出来ました。その他『カラオケレボリューション』、『グラディウスV』なども試遊台が用意されました。

PS2『エアフォースデルタ ブルーウイングナイツ』ではドルビープロロジックIIの大迫力でゲームが体験出来るコーナーも用意されていました。

その他取り扱い作品では、サクセスのシンプルシリーズ、PS2『麻雀』、『ビッグバス』、『オセロ』などの作品が並んでいました。

一風変わった所では、「マイクロiR」を使った実演コーナーが用意されていて、携帯電話を使っておもちゃの電車やチョロQを動かしたりする事が出来ました。

こんな感じにコナミブースには様々なゲームが展示されていました。「びっくり=Be reative」のコナミにこれからも注目です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

アクセスランキングをもっと見る