人生にゲームをプラスするメディア

最大規模のブースを展開、コナミグループ

任天堂 GC

最大規模のブースを展開、コナミグループ
  • 最大規模のブースを展開、コナミグループ
  • 最大規模のブースを展開、コナミグループ
メインとなった456ホールの中心にブースを構えたコナミグループの中心はもちろんコナミ本社。『メタルギア』からスポーツ物、音楽物、他社の取り扱い製品まで数多くのラインナップを並べていました。

一番注目を集めていたのはメタルギアシリーズでしょう。『ザ・ツイン・スネークス』も『3』もプレイアブルの試遊台は無かったものの、特設ステージでは常に映像が上映されていて、人影は絶えることがありませんでした。ちょっとやりすぎなくらいリアルでした。『3』の蛇を食べちゃうシーンなんてちょっと・・・。

次いで人気があったのはシミュレーションになった『Jリーグウイニングイレブン』には常に行列が出来ていました。既に発売中の『ウイイレ7』も出展されていました。

同じくスポーツ物の『実況パワフルプロ野球10』は発売済みてすが、12月発売のGBA『パワプロクンポケット6』と共に並んでいました。PS2版の『実況パワフルプロ野球10』の配布も行われていました。スポーツで言えばPS2『ロッキー』、『パーフェクトプレープロ野球 秋季版』なども展示されていました。

ソニンのCM発表会が行われたPS2『キャッスルバニア』ももちろん試遊出来ました。その他『カラオケレボリューション』、『グラディウスV』なども試遊台が用意されました。

PS2『エアフォースデルタ ブルーウイングナイツ』ではドルビープロロジックIIの大迫力でゲームが体験出来るコーナーも用意されていました。

その他取り扱い作品では、サクセスのシンプルシリーズ、PS2『麻雀』、『ビッグバス』、『オセロ』などの作品が並んでいました。

一風変わった所では、「マイクロiR」を使った実演コーナーが用意されていて、携帯電話を使っておもちゃの電車やチョロQを動かしたりする事が出来ました。

こんな感じにコナミブースには様々なゲームが展示されていました。「びっくり=Be reative」のコナミにこれからも注目です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?【読者アンケート】

    あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?【読者アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』タコの時だけ挑戦できる「塗りポイントチャレンジ オクト」って?

    『スプラトゥーン2』タコの時だけ挑戦できる「塗りポイントチャレンジ オクト」って?

  3. 『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スマブラSP』「夜刀神」と「竜穿」で激戦に臨む『FE if』カムイ、男女の選択も可能

  6. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  7. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  8. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  9. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  10. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

アクセスランキングをもっと見る