人生にゲームをプラスするメディア

『Unity』、Jeff Minter氏インタビュー

任天堂 GC

ゲームキューブ向けに謎のシューティングゲーム『Unity』を開発しているラマソフトのJeff Minter氏へのインタビューがGameSpyに掲載されています。

Minter氏は『Unity』について「シューティングの楽しさと光を操る楽しさの2つを組み合わせたもの、だから『Unity』という名前になった」としています。同氏は1984年からずっと「ユーザーがグラフィックと音楽をインタラクティブに操る物に興味を持っていた」そうで、これまでにも同じ方向性のゲームを製作してきたそうです。

今回ゲームキューブを選択した理由については「ゲームキューブは他のハードと比べてそう多くのタイトル数は無いが、高いパフォーマンスによって実現された評判の良いゲームが沢山あるように思う」としています。

他の音ゲーとの違いについては「リズムは重要な要素だが、最も大切な部分ではない。シューティングでもあるから、生きている事も重要です!」とのこと。

ゲームは「あと12〜18ヶ月くらい開発して、2004年か05年の最初に発売できたらいいなと思ってる」とのこと。最初に北米で出すか欧州で出すかについてはまだ考えてないとのことでした。

Minister氏が個人的に遊ぶゲームは『F-ZERO』・『ワイプアウト』などの近未来のレース、時々FPS、マリオや『スーパーモンキーボール2』だったりするそうです。音楽ではテクノに夢中だとか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選!格安タイトルや遊びごたえバツグンな作品をピックアップ

    「ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール」前半のおすすめ20選!格安タイトルや遊びごたえバツグンな作品をピックアップ

  2. 『オクトパストラベラー』発売2日で11万本販売!―体験版配信がヒットに貢献か

    『オクトパストラベラー』発売2日で11万本販売!―体験版配信がヒットに貢献か

  3. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

    『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スプラトゥーン2』一周年フェスはイカが勝利!センパイとしての意地を見せる結果に

  6. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 祝・一周年! これまでのアップデートで振り返る『スプラトゥーン2』の歴史

  9. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  10. 『スプラトゥーン2』リーグ大会「Splat Japan League」プレーオフレポート!各シーズンの王者が激戦を繰り広げる

アクセスランキングをもっと見る