人生にゲームをプラスするメディア

『Unity』、Jeff Minter氏インタビュー

任天堂 GC

ゲームキューブ向けに謎のシューティングゲーム『Unity』を開発しているラマソフトのJeff Minter氏へのインタビューがGameSpyに掲載されています。

Minter氏は『Unity』について「シューティングの楽しさと光を操る楽しさの2つを組み合わせたもの、だから『Unity』という名前になった」としています。同氏は1984年からずっと「ユーザーがグラフィックと音楽をインタラクティブに操る物に興味を持っていた」そうで、これまでにも同じ方向性のゲームを製作してきたそうです。

今回ゲームキューブを選択した理由については「ゲームキューブは他のハードと比べてそう多くのタイトル数は無いが、高いパフォーマンスによって実現された評判の良いゲームが沢山あるように思う」としています。

他の音ゲーとの違いについては「リズムは重要な要素だが、最も大切な部分ではない。シューティングでもあるから、生きている事も重要です!」とのこと。

ゲームは「あと12〜18ヶ月くらい開発して、2004年か05年の最初に発売できたらいいなと思ってる」とのこと。最初に北米で出すか欧州で出すかについてはまだ考えてないとのことでした。

Minister氏が個人的に遊ぶゲームは『F-ZERO』・『ワイプアウト』などの近未来のレース、時々FPS、マリオや『スーパーモンキーボール2』だったりするそうです。音楽ではテクノに夢中だとか。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

    【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 【読者アンケート】一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?

    【読者アンケート】一番好きな『ドラクエ』ナンバリングタイトルは?

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  5. 『モンハン ストーリーズ』クシャルダオラやラージャンがオトモンに! キャラメイクの更に幅広く─無料アップデートを今夏配信

  6. 任天堂、第1四半期決算を発表─全世界で『マリオカート8 DX』354万本、『ARMS』118万本、『ゼルダの伝説 BotW』は更に116万本を積み上げ

  7. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  8. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

  9. ミュウ含む限定ポケモン4種がセブンイレブンでもらえる「ポケモンラリー2017」が開催決定!

  10. 海外レビューハイスコア『スプラトゥーン2』

アクセスランキングをもっと見る