人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が韓国での事業を強化する方針

任天堂 GC

韓国政府が来年1月1日に日本のゲームソフトやCDなどの解禁を行うと報道されている事を受けて任天堂は韓国での事業を強化する方針を示しました。アジアでは中国でも事業を展開していく事を明らかにしています。

任天堂広報室長の豊田憲氏は「韓国で日本語の家庭用ゲームソフトが解禁された場合には、積極的にソフトを販売していきたい。まずはアクションゲームなどが対象になるだろう」として比較的言語の壁が薄いジャンルからになるという見解を示しました。

2002年12月からは北米向けに出荷しているゲームキューブとタイトルの一部を発売しています。今後は「ある程度のハングル語化も必要になる」としてハングル版の発売も予定している事を示唆しました。

韓国の総代理店は大元C.Iが務めていますが、同社が展開を始めているゲームカフェでもゲームキューブを設置していくとのこと。将来的にはネットカフェ「PC房」1000店舗、「GC房」20店舗に展開していくとのことです。

偉そうに「文化解禁」とか言う時点でおかしな国です。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

    ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

  4. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

  5. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  6. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  7. 【Nintendo Switch DL販売ランキング】『ARMS』2週連続首位獲得、『オーシャンホーン』初登場ランクイン(6/27)

  8. 3DS『エヴァーオアシス』オアシスや冒険の魅力に迫る映像公開! 体験版も配信開始

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  10. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

アクセスランキングをもっと見る