人生にゲームをプラスするメディア

アタリ『幽遊白書』が12月北米発売予定に

アタリはゲームボーイアドバンス向けに『幽遊白書 スプリット・ディテクティブ』を開発中で、12月に北米地域で発売すると発表しました。現在米国ではカートゥーンネットワークがアニメを放映していてこれに合わせる形になるようです。9-14歳では最も支持されているアニメなんだそうです。

任天堂 GBA
アタリはゲームボーイアドバンス向けに『幽遊白書 スプリット・ディテクティブ』を開発中で、12月に北米地域で発売すると発表しました。現在米国ではカートゥーンネットワークがアニメを放映していてこれに合わせる形になるようです。9-14歳では最も支持されているアニメなんだそうです。

ゲームには浦飯幽介、桑原和真、飛影、ぼたん、螢子、蔵馬の6人のキャラが登場し22のステージをクリアしていきます。それぞれのキャラクターはアニメのように特色ある武器や能力を持っていています。更にステージはアニメを元にしたものと完全オリジナルのものが用意されます。

「幽遊白書は、深いストーリー、印象的なキャラ達、そして多くのテレビシリーズのファンを持っていて、とてもゲーム化に向いています。私達は再びFUNimationと協力する事に興奮していて、このゲームが『ドラゴンボールZ』のような成功を収める事を期待しています」とアタリのNancy MacIntyre氏はコメントしています。

開発元はSensory Sweep Studiosで、発売元はアタリ。発売は北米で12月の予定です。国内ではバンダイ辺りが版権を持ってるでしょうから、『ドラゴンボールZ』などのように発売される可能性は高いのではないでしょうか。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月30日】─抽選販売に変化の兆し、新たな同梱版登場・・・狙い目はこの時期か

    今どこで買える? 販売方法は? ニンテンドースイッチの販売情報まとめ【10月30日】─抽選販売に変化の兆し、新たな同梱版登場・・・狙い目はこの時期か

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. もう20年以上「リンクをゼルダと呼んでしまう病」に苦しめられている話

    もう20年以上「リンクをゼルダと呼んでしまう病」に苦しめられている話

  4. 『スーパーマリオブラザーズ 35』全コース攻略!パワーアップ・1UP・10コインの場所やループ脱出法を動画&画像で解説

  5. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  6. 『ポケモン ソード・シールド』「冠の雪原」伝説ポケモン捕獲のポイント! 3鳥・レジ系の謎に迷ったらこの記事を見よう

  7. 『スーパーマリオブラザーズ 35』1位をとるためのサバイバル術10箇条! 生き残るためにはコインとクッパが重要

  8. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!アグレッシブ編

  9. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  10. 『ポケモン ソード・シールド』「冠の雪原」ダイマックスアドベンチャー10のコツ! ポケモン&ルート選択がカギ

アクセスランキングをもっと見る