人生にゲームをプラスするメディア

【ECTS】 任天堂ブースの様子

ゲームビジネス その他

GAMEWATCHとGameCube EuropeにてECTSの任天堂ブース(?)の様子がリポートされています。出展されているタイトルは既にお伝えの通り。『マリオカート ダブルダッシュ!!』を始めとして『ピクミン2』・『パックマン』・『ゼルダの伝説 4つの剣GC』など注目タイトルが沢山。

任天堂として3年ぶりのECTSへの出展となりますが、今回はメイン開場のアールスコートではなく、そのエントランスの横に任天堂トラックを横付けしての展示。『マリオカート』はトラックだけでなく、実物のカートに備え付けられた液晶画面でもゲームを楽しむ事が出来ます。

開場では4人でLAN対戦が出来るようにセッティングされていて、ゲーム大会も行われていたそうで、試遊台の近くには『マリオカート』のゲーム中に登場するものと良く似た表彰台も用意されていました。

変わったところでは、ゲームボーイアドバンスのタイトルはコンパニオンが腰につけたGBASPを取ってアドバイスを受けながら体験するというスタイルを取っていました。

GAMEWATCHにもGameCube Europeにも画像が多く掲載されていますので是非見てみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  3. 【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

    【e-Sportsの裏側】日本は世界に勝てるのか ― DetonatioN代表 梅崎伸幸インタビュー

  4. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

  5. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  6. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  7. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  8. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  9. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  10. 【CEDEC2013】静的解析で開発現場はどう変わったのか――自動化が変えたソフトウェア品質

アクセスランキングをもっと見る