人生にゲームをプラスするメディア

米国の熾烈な広告合戦は続く

ゲームビジネス その他

広告動向を調査している米Beyenは2003年第2四半期(4-6月)のゲーム機の小売広告が前年同期と比較して55%、ゲームソフトの広告が同じく77%の増加を見せたとのレポートを発表しました。

これは全米の102の日刊新聞をサンプルにして調査されたものです。

それによればゲームソフトの広告では最も効果な49.99ドルのゲームの広告が40パーセント以上を占めているそうです(昨年は33%)。対照的に値引きされた19.99ドルのゲームの広告は減少したそうです。

ちなみにゲームソフトの平均価格はゲームキューブは今年の1月の36ドルから下がって26ドルに、プレイステーション2とXboxでは33ドル程度になっているそうです。米国のゲーム市場は約1.2兆円。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  2. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  3. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. コナミが韓国製音楽ゲーム『DJMAX』シリーズを訴える

  6. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  7. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  10. 【インタビュー】インティ・クリエイツ社長が語るクラウドファンディング開発…『Bloodstained』の今後も

アクセスランキングをもっと見る