人生にゲームをプラスするメディア

ナムコが2003年度第1四半期決算を発表

ゲームビジネス その他

株式会社ナムコが2003年第1四半期の決算を発表しました。

当初2億円弱の赤字を見込んでいましたが、家庭用ゲーム機向けゲームソフトの売上が好調だったこともあり、大幅に改善し営業利益は14億2600万円、経常利益は12億7000万円を確保しました。

国内市場ではPS2『太鼓の達人ドキッ!新曲だらけの春祭り』・『熱チュー!プロ野球2003』の2タイトルが、海外では『ゼノサーガエピソード?』や『パックマンワールド2(廉価版)』などが好調でした。ゲームキューブ向けでは『ファミリースタジアム2003』が4万3000本売れています。

また開発費ではナムコ本体での開発分が27億2900万円、外部への委託開発費が10億3200万円となりました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』『TES V: Skyrim』『レゴ マーベルスーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』『TES V: Skyrim』『レゴ マーベルスーパー・ヒーローズ2 ザ・ゲーム』他

  2. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  3. 【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで

    【GDC 2014】BungieのScott Shepherd氏が語る、『Destiny』のキャラクターが出来るまで

  4. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  5. 【GDC 2013 報告会】西川善司氏によるグラフィックス関連レポート・・・「GPUの進化は止まらない」

  6. 新作音ゲー『オンゲキ』が稼働前に体験できる「おためしプレイ会」が開催!

  7. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  8. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  9. 消費税増税、ゲームセンターはどうなる? ネット上では騒動も

  10. 60種類の新レシピで楽しい料理を・・・3DS『クッキングママ 4』発売

アクセスランキングをもっと見る