人生にゲームをプラスするメディア

DTMマガジン『FFCC』インタビュー

DTMマガジンの8月号に『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル』のインタビューが掲載されていたようです。公式サイトにその一部が掲載されていますので紹介します。8月号の発売は7月8日でもう店頭には置いてないところが多いのではないかと思います。

任天堂 GC
DTMマガジンの8月号に『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル』のインタビューが掲載されていたようです。公式サイトにその一部が掲載されていますので紹介します。8月号の発売は7月8日でもう店頭には置いてないところが多いのではないかと思います。

今作では古楽器を利用したり他のハードでは不可能な事もやっているそうです。インタビューに答えているのは作曲を手がけた谷岡久美氏とマニピュレーターの岩崎英則氏です。

―――先ほど数曲聞かせていただいたのですが、全体的に統一感がありますね

谷岡: まず最初に考えていたのが、民族音楽だけど地域にとらわれない音楽。いままで誰もやってないような何かおもしろいものがないかと思っていて。

岩崎: 探していくうちに、古楽の「ロバハウス」さんを知りました。古楽器の音色が非常に個性的かつ、ぬくもりがあって、それを谷岡さんの音楽と絡めたらおもしろいことになるんじゃないかなと思ってコンサートを見に行ったんです。

―――作品で使われた具体的な機材などは?

谷岡: シーケンサーはMOTU Performer、音源はRoland 〇〇、サンプラ−は〇〇を使いました。いつでもその2つで作曲しています。鍵盤はRoland A-90を使っています。

岩崎: シーケンサーはMOTU Performer、音源はAKAIのS6000・・・

―――生と打ち込みを混ぜた曲に関して詳しく聞かせてもらいますか?

岩崎: 場合によっては生を打ち込みにしようとか、打ち込みを生にしようとか、間奏は谷岡さんが手で弾いた打ち込みだけど、本編はロバハウスさんが演奏しているとか、そういうのが交互に入れ替わったり、生と打ち込みが融合して違和感がないように仕上がっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

    PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』冒険に役立つ知識を詰め込んだガイドブック付きソフトが11月9日に発売決定!単品での販売も

    『ゼルダの伝説 BotW』冒険に役立つ知識を詰め込んだガイドブック付きソフトが11月9日に発売決定!単品での販売も

  3. 『スプラトゥーン2』激闘を制したのはこのチーム!「Splat Japan Open Day2」レポート

    『スプラトゥーン2』激闘を制したのはこのチーム!「Splat Japan Open Day2」レポート

  4. 『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

  5. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  6. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  7. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  8. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

アクセスランキングをもっと見る