人生にゲームをプラスするメディア

ゲームキューブの平均開発費は7200万円

任天堂 GC

CESAゲーム白書2003が完成したそうで、公式サイトに宣伝が掲載されています。その中に各機種の平均開発費についての記述があるのですが、ゲームキューブタイトルの平均開発費は7200万円で最も高い数字になったそうです。これは昨年出荷実績のあった43社からの回答を元にしたものです。

最も高いのがゲームキューブで最も低いのがプレイステーションの1400万円になったそうです。意外と安いんだなあ、という感じを受けます。この数字なら20人で3、4ヶ月も開発すれば超えるんじゃないかと。

ま、ゲームキューブタイトルはどれも金を掛けた大作って事ですよ。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

    ニンテンドウ64『爆BOMBERMAN』がWii U向けVCとして配信開始

  4. 3DS『カービィのすいこみ大作戦』7月4日に配信! ローソンでは「星のカービィキャンペーン」を実施

  5. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  6. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  7. 【Nintendo Switch DL販売ランキング】『ARMS』2週連続首位獲得、『オーシャンホーン』初登場ランクイン(6/27)

  8. 3DS『エヴァーオアシス』オアシスや冒険の魅力に迫る映像公開! 体験版も配信開始

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  10. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

アクセスランキングをもっと見る