人生にゲームをプラスするメディア

レア社がGBA『バンジョーパイロット』を開発中!?

米国のレア社のファンサイトRaretopiaはレア社がGBA向けに『ディディコングパイロット』のキャラクターを差し替えた『バンジョーパイロット』を開発中ではないかという記事を掲載しました。

任天堂 その他
米国のレア社のファンサイトRaretopiaはレア社がGBA向けに『ディディコングパイロット』のキャラクターを差し替えた『バンジョーパイロット』を開発中ではないかという記事を掲載しました。

記事によればマイクロソフトは「バンジョーパイロット」を商標登録しているそうです。マイクロソフトに買収されたため、ディディコングが利用出来なくなったためにバンジョーのキャラに変えたのではないかと思われます(バンジョーの権利はレア社が所有)。

『ディディコングパイロット』は一昨年のE3で公開されたゲームで、傾きセンサーを利用して飛行機を操縦するという面白いアイデアを持ったゲームでした。しかしその後はあまり情報が出ずに、マイクロソフトに買収という事になってしまいました。

マイクロソフトは競合しないゲームボーイアドバンスへの供給は認める方針のようで、既にTHQからマイクロソフト・ゲームスタジオが原作を開発した『モンスター・トラック・マッドネス』が9月に北米発売予定になっています。THQとは提携関係ですので『バンジョーパイロット』もTHQから発売、という形になるものと思われます。

『ココナッツクラッカーズ』や『バンジョーとカズーイの大冒険』や『サーベルウルフ』などレア社が開発中だったGBA向けタイトルは多くありますから何時か日の目を見て欲しいものです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  6. 『スプラトゥーン2』次回フェス「トリック vs トリート」はハロウィン仕様! テンタクルズやステージもお祭り気分─特別な仮装ギアもプレゼント

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  9. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る