人生にゲームをプラスするメディア

レア社がGBA『バンジョーパイロット』を開発中!?

任天堂 その他

米国のレア社のファンサイトRaretopiaはレア社がGBA向けに『ディディコングパイロット』のキャラクターを差し替えた『バンジョーパイロット』を開発中ではないかという記事を掲載しました。

記事によればマイクロソフトは「バンジョーパイロット」を商標登録しているそうです。マイクロソフトに買収されたため、ディディコングが利用出来なくなったためにバンジョーのキャラに変えたのではないかと思われます(バンジョーの権利はレア社が所有)。

『ディディコングパイロット』は一昨年のE3で公開されたゲームで、傾きセンサーを利用して飛行機を操縦するという面白いアイデアを持ったゲームでした。しかしその後はあまり情報が出ずに、マイクロソフトに買収という事になってしまいました。

マイクロソフトは競合しないゲームボーイアドバンスへの供給は認める方針のようで、既にTHQからマイクロソフト・ゲームスタジオが原作を開発した『モンスター・トラック・マッドネス』が9月に北米発売予定になっています。THQとは提携関係ですので『バンジョーパイロット』もTHQから発売、という形になるものと思われます。

『ココナッツクラッカーズ』や『バンジョーとカズーイの大冒険』や『サーベルウルフ』などレア社が開発中だったGBA向けタイトルは多くありますから何時か日の目を見て欲しいものです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  10. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

アクセスランキングをもっと見る