人生にゲームをプラスするメディア

NPD調べ米国の6月ゲーム売上

ゲームビジネス その他

NPD Funworld調べによる6月の米国ゲーム売上データです。ゲームキューブのトップは『ゼルダの伝説』。ゲームボーイアドバンスは『ドンキーコングカントリー』。任天堂オブアメリカが約12%のシェアを獲得してトップに立っています。

ゲームキューブ


順位 タイトル 発売元 金額(USD) 本数
1 ゼルダの伝説 The Wind Waker 任天堂 3,078,783 81,418
2 ワリオワールド 任天堂 2,434,582 48,824
3 ソニックアドベンチャーDX セガ 2,421,538 60,802
4 エンターザマトリックス アタリ 2,192,458 44,006
5 ザ・ハルク ビベンディ 1,854,136 37,898
6 大乱闘スマッシュブラザーズDX セガ 1,336,569 44,533
7 ファインディング・ニモ THQ 1,312,928 32,964
8 ロックマンエグゼ トランスミッション カプコン 1,259,707 30,224
9 マリオパーティ4 任天堂 1,258,093 35,125
10 NBAストリート Vol.2 EA 980,796 20,251


ゲームボーイアドバンス


順位 タイトル 発売元 金額(USD) 本数
1 ドンキーコングカントリー 任天堂 4,531,457 155,512
2 ポケモンルビー 任天堂 4 ,427,218 133,489
3 ポケモンサファイア 任天堂 4 ,341,735 132,388
4 ファインディング・ニモ THQ 3,413,421 115,610
5 遊戯王ワールドワイド コナミ 3,392,031 96,750
6 ドラゴンボールZゴクウ2 アタリ 2,824,292 97,274
7 ザ・ハルク ビベンディ 1,912,789 65,801
8 黄金の太陽 失われし時代 任天堂 1,782,319 58,553
9 アドバンスウォーズ2 任天堂 1,755,903 58,166
10 ソニックアドバンス2 THQ 1,647,495 55,068


ハード売上


順位 名称 発売元 台数
1 ゲームボーイアドバンス 任天堂 660.366
2 プレイステーション2 ソニー 440.834
3 XBOX マイクロソフト 166.879
4 ゲームキューブ 任天堂 124.080


各社のシェア、販売代金


順位 社名 金額(USD) シェア
1 任天堂オブアメリカ 41,908,410 $ 12.4%
2 エレクトロニックアーツ 40,071,210 $ 11.8%
3 アタリ 31,651,370 $ 9.3%
4 THQ 26,656,350 $ 7.9%
5 ビベンディ 20,607,400 $ 6.1%
6 アクティビジョン 19,632,980 $ 5.8%
7 ソニー 18,571,490 $ 5.5%
8 テイク2インタラクティブ 17,083,330 $ 5.0%
9 コナミオブアメリカ 13,848,570 $ 4.1%
10 マイクロソフト 12,584,990 $ 3.7%
11 カプコンUSA 10,914,630 $ 3.2%
12 ユービーアイソフト 10,873,490 $ 3.2%
13 アイドスインタラクティブ 10,293,800 $ 3.0%
14 セガオブアメリカ 8,834,173 $ 2.6%
15 ナムコ 7,927,960 $ 2.3%
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

    国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  4. ソーシャルゲームの次の市場の形を作っていきたい ― ONE-UP中元社長インタビュー

  5. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  6. 【CEDEC 2013】タイプ別でみるテクスチャ圧縮の弱点と利点をわかりやすく解説 ― 工程の手戻りを最小限に

  7. 東京ゲームショウ2013、メインビジュアル決定 ― GAMEの本質的な部分である「彼女」がイラストに

  8. 【CEDEC 2009】「フローなんていらない!」組織におけるモチベーションのあり方~HAL研究所の事例

  9. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  10. Nintendo Switchは真のeスポーツの扉を開けた【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る