人生にゲームをプラスするメディア

任天堂とセガが『F-ZERO』体験取材会を開催

任天堂 その他

任天堂とセガは都内で『F-ZERO GX/AX』の体験取材会を開催しました。この体験会はテレビ回線でセガオブアメリカのあるサンフランシスコにも繋がって海外メディアも参加した形で行われたようです。

体験会には任天堂から宮本茂氏と今村孝矢氏が、セガ・アミューズメントヴィジョンからは名越稔洋氏が出席しました。

会見では宮本氏や名越氏からコラボレーションの成果を強調するコメントや、ゲームキューブとアーケードでのコネクティビティに関する説明が行われました。名越氏は「ヘンな言いかたかもしれないけど、自分は(F-ZERO)初代からのコアユーザーだったので、気分的には、その瞬間は『任天堂開発部の一員』だったつもり。セガらしさというのはアーケードと連動ができた点であり、あくまでコンテンツ(F-ZEROらしさ)がメイン」と話していたそうです。

また宮本氏は「今回の『F-ZERO』はシリーズの完成版。名越さんとの仕事はとてもスムーズで楽しめました。これからも任天堂のソフトを愛してくれるクリエーターと、ゲーム愛でコラボレーションしていきたいですね」と充実したコラボレーションであった事をうかがわせるコメントも。

気になる「すでに次の制作は始まっている」(宮本氏)というコメントもあったようです。会場では既に稼動中のAXと発売が迫っているGXが実際に展示されて盛り上がりを見せていたようです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  2. 『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

    『スプラトゥーン2』「オオモノシャケ」は1種類じゃない!重なる鍋に乗った謎のシャケなども登場

  3. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

    任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  4. 「マリオ」や「ルイージ」たちが切手に!グリーティング切手「スーパーマリオ」6月28日より発行

  5. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  6. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

  7. 【レポート】『モンスターハンターダブルクロス』セミナー開催―参加者がモンスターデザインから学んだこと

  8. 『スプラトゥーン2』セブン-イレブン限定グッズ&一番くじの画像が公開、タンブラーやアイロンビーズなど

  9. 3DS『エヴァーオアシス』登場キャラの魅力や設定画などを石井浩一がお披露目─女性主人公も選択可能!

  10. トヨタホームの展示場で『マリオカート8 DX』が遊べる! ニンテンドースイッチなどが当たる抽選会も

アクセスランキングをもっと見る