人生にゲームをプラスするメディア

第18回次世代ワールドホビーフェア開催!その他編

千葉・幕張メッセにて土日に第18回次世代ワールドホビーフェアが開催されました。少し低年齢向けのショーではありますが、任天堂、セガ、コナミ、SCEなど大手各社も出展して賑わったようです。

任天堂 GC
千葉・幕張メッセにて土日に第18回次世代ワールドホビーフェアが開催されました。少し低年齢向けのショーではありますが、任天堂、セガ、コナミ、SCEなど大手各社も出展して賑わったようです。

セガブース

今回のセガブースはソニックチーム一色。セガトイズも一緒に出展していますが展示しているのはソニック関連商品のみ。『ソニックアドベンチャーDX』や『ソニックピンボールパーティー』といったソニックタイトルから『ジャイアントエッグ〜ビリーハッチャーの大冒険〜』という新作タイトルまで青く染まったブースだったようです。ソニックの着ぐるみが登場したりチャオのダウンロードサービスも行われていたそうです。

ソニックチームの中氏は『ビリーハッチャー』について「初めてのゲームだから、来場者がちょっと戸惑っているかも。このゲームはただクリアするだけではなく、色々と仕掛けがあるゲーム。そういった意味では永く遊べるタイトル」と話していたそうです。

コナミブース

今回の目玉は『ボクらの太陽』。しかしゲームの内容上、室内では難しい、という事で屋外にゲームキャラバントラックを用意して展示スペースが作られました。体験するとロゴが描かれた赤い帽子がもらえたそうです。

ハドソンブース

ハドソンブースではGC『ボンバーマンランド2 ゲーム史上最大のテーマパーク』、GBA『ボンバーマンジェッターズ ゲームコレクション』のほかに、ハドソンセレクションの『スターソルジャー』と『キュービックロードランナー』も出展されていました。そしてそして何と2作品はファミコンで登場したオリジナル版がFCの実機でも展示されるという嬉しいブース構成になっていました。サードパーティのファミコン参入第一弾が『ロードランナー』なんですよねえ。

その他

その他、ナムコブースではGC『ファミリースタジアム2003』とGBA『ハチエモン』の2タイトルをプッシュ。バンダイブースではGC『ケロケロキングDX』がイチオシで体験台はもちろんのこと、変り種で実際にカエルのぬいぐるみを使い、ハンマーでぬいぐるみを飛ばす体験台も用意されて人気だったそうです。カプコンブースでは『ロックマンエグゼ3』のタイムアタックや『ロックマンエグゼ バトルチップGP』。トミーブースではおもちゃとゲームが融合した『サイバードライブゾイド』が展示されていました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  2. みんなの愛が伝わる!『ポケモン ピカ・ブイ』連れ歩きたいポケモン投票・結果発表【読者アンケート】

    みんなの愛が伝わる!『ポケモン ピカ・ブイ』連れ歩きたいポケモン投票・結果発表【読者アンケート】

  3. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

    『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  4. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

  5. 『イナズマイレブン アレスの天秤』これぞ超次元サッカー!圧倒的進化を遂げた最新PVを見逃すな

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 『スマブラSP』地上戦特化型ファイター「リトル・マック」―進化した強力なK.O.技で勝負を決めろ!

  8. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 「どの『モンハン』が一番好き? 携帯機編」結果発表─1位は4割超えの票を獲得! 圧倒的支持を得たタイトルは…

アクセスランキングをもっと見る