人生にゲームをプラスするメディア

最新「Electronic Gaming Monthly」誌レビューなど

米国のゲーム雑誌「Electronic Gaming Monthly(EGM)」の最新レビューを紹介します。ゲームキューブとゲームボーイアドバンスでレビューされているのは3タイトルのみとなっています。

任天堂 GC
米国のゲーム雑誌「Electronic Gaming Monthly(EGM)」の最新レビューを紹介します。ゲームキューブとゲームボーイアドバンスでレビューされているのは3タイトルのみとなっています。


機種 タイトル 得点 発売元
GC ヒットマン2: サイレントアサシン 7.0/8.0/8.5 アイドス
GC スピード・キングス 4.5/7.5/4.5 アクレイム
GBA ザ・ハルク 4.0/4.0/6.0 ヴィヴェンディ

また、E3での各機種の評価をA〜Cで表すという企画もあったようです。
・ゲームキューブ C-
・ゲームボーイアドバンス B
・プレイステーション2 B+
・XBOX C
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』いまGTSで人気のポケモンは「ニャビー」や「コフーライ」! 交換される理由もあわせてチェック

    『ポケモンHOME』いまGTSで人気のポケモンは「ニャビー」や「コフーライ」! 交換される理由もあわせてチェック

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」はどういう内容? 本編との関係や影響は? 気になるポイントを配信直前に総まとめ!

    『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」はどういう内容? 本編との関係や影響は? 気になるポイントを配信直前に総まとめ!

  4. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  5. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  6. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  7. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  8. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  9. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  10. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

アクセスランキングをもっと見る