人生にゲームをプラスするメディア

【誤報】新型ゲームボーイ用の特許申請?

任天堂 その他

nintendojoによると、これは誤報だったようです。
GBA発売に申請されたGBAの特許だったようで。
本当に申し訳ありませんでした。

---------------
任天堂が、携帯ゲーム機についての特許を申請しているようです。
Nintendojoによれば、その内容は、

・別のゲーム機などからコードをダウンロードし、実行できる機能を持つ携帯ゲーム機。
・・・・
・携帯ゲーム機は、それがソースからダウンロードされた実行可能なコードを受け取ることができるダウンロード・モードとなる。携帯ゲーム機は内部ランダム・アクセス・メモリーに実行可能なコードを格納し、メモリからのコードを実行する。連続ダウンロードは携帯ゲーム機の内部メモリ・キャパシティより大きなアプリケーションをダウンロードするために使用することができる。
・・・・
携帯ゲーム機が、情報記憶メディアが部分データを受け取ることに適応され、さらに 判読可能/書き込み可 なストレージを含んでいるとき、携帯ゲーム機は、下の2つから選択することができる:

a)アプリケーションに応じて、前述の情報記憶メディアが受信したとき、情報記憶メディアに格納されたコードを実行、プロセスをおこなう。

b)前述の情報記憶メディアがデータをうまく受け取れない場合に、実行可能コードを転送することを別のゲーム機に要求するプロセスをおこなう。

・・・というものだそうです。

書いてあるのはGBAの「マルチカードリッジプレイ」や「ジョイキャリー」でやっていることの拡張版、といった感じでしょうか。"判読可能/書き込み可 なストレージを含んでいる"とあるので、記録メディアをベースとして、小さなHDがあるようにダウンロードしたものを記憶することができるという風にも読めます。元が英語なので実際どういうことなのかはちょっとよくわからないんですが・・・

次世代ゲームキューブも言われていることですし、次世代ゲームボーイの発表も近いかもしれませんね。
《OKOK》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

アクセスランキングをもっと見る