人生にゲームをプラスするメディア

GC&GBA『テイルズ』続報+限定本体カラー ゲームキューブ情報【追記】

任天堂 その他

6日の記事にてGBA『テイルズ・オブ・ファンタジア』が8月1日、GC『テイルズ・オブ・シンフォニア』が8月29日発売予定となったことをお伝えしましたが、テイルズチャンネルにて双方のソフトについての新情報が発表されました。

テイルズといえばSFCにて48ガビットの最大容量級カセットを使用し、ロムカセットでありながらテーマ曲を収めたことが話題になりましたが今回ももちろん主題歌が入ります。

『シンフォニア』のテーマソングは、『Starry Heavens』、歌うのは『FinalFantasy X-2』のメインテーマを歌い上げた倖田 來未の実妹Misonoがボーカルをつとめる「day after tomorrow」とのこと。

そして、GBA『ファンタジア』は、やはり「夢はおわらない 〜こぼれ落ちる時の雫〜」を採用。SFC版とPS版では歌手が違っていたのですが今回はSFC版と同じ吉田 由香里のそれが採用されているそうです。

また、GC初の『テイルズ オブ』シリーズの発売記念として、『シンフォニア』のイメージカラーであるミントグリーンのオリジナル限定GC本体が発売されるとのこと。発売日や詳細仕様などは未定....ということですがおそらく同発なんじゃないですかね?「記念モデル」なんだし。

また、『シンフォニア』はディスク2枚組だそうです。バイオ1といいシンフォニアといいやはりボリュームが大きい、それに加えてムービーを結構使ったりするには2枚必要になってくるんでしょうかね。まぁ、PSでは5枚組ソフト(2本かな、たしか)とかあったぐらいですし、2枚ぐらい大したことないさぁ、というのが個人的印象ですが。

【追記】
オリジナルバージョンのGCはミントグリーンのカラーリングに加え、ディスク挿入部のフタ中央の黒い部分に『シンフォニア』の主人公ロイドとそのタイトルロゴがあしらわれたデザインになっているそうです。

本日開催された2つのソフトの制作発表会では、テイルズシリーズのプロデューサーである吉積氏から2本の発売日以外に以下のようなコメントが出ています。

GBAの『ファンタジア』はただの移植ではなく「最新作のファンタジア」であり、各種新イベントや新キャラが追加されている。『シンフォニア』のプレイ時間はオーソドックスにプレイして,35〜40時間。ということはやはりやり込み要素などがあるということでしょうかね。

また、「8月は“テイルズ”がどこから来て,そしてどこに行くのかがわかる“テイルズサマー”にしていきたい」と述べていますが『シンフォニア』、『ファンタジア』以外になにか持ってくるつもりなんでしょうかね?
《織機 綺音》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

アクセスランキングをもっと見る