人生にゲームをプラスするメディア

ナムコ&アルゴノーツ『I-Ninja』の開発は佳境に

ナムコから発売予定で英国のアルゴノーツが開発中の『I-Ninja』の開発は佳境に入ったとのこと。未だ国内での発売は決定していませんがキャラデザインを見ると国内での発売も想定しているのではないかと思われます。

任天堂 GC
ナムコから発売予定で英国のアルゴノーツが開発中の『I-Ninja』の開発は佳境に入ったとのこと。未だ国内での発売は決定していませんがキャラデザインを見ると国内での発売も想定しているのではないかと思われます。

しかしこのアルゴノーツはヴイヴェンディから発売予定だった『Malice』とナムコホームテックからの『Orchid』が売れ行きが見込めないという事で権利がアルゴノーツの方に返されているそうです(つまりは発売中止)。その原因となったのがMSからXBOX向けに発売された『カンフーパニック』。これはアルゴノーツの傘下のモンスタースタジオが開発した作品ですが、これが全く売れなかった事が今回の2件に繋がったようです。

『Malice』は当初XBOXで同発タイトルと言われていたのに未だ発売されてないと言うことで相当開発費も掛かっているのではないかと見られ、恐らくレイオフなども行うだろうとgameindustry.bizは書いています。

現在アルゴノーツではヴィヴエンディの『SWAT: GST 』、レゴの『Bionicle』そしてナムコの『I-Ninja』を開発中で、全て開発は佳境に入っているそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ソード・シールド』ミュウツーとのマックスレイドバトルは報酬がアツい! 初代御三家からは「かえんだま」などのレア道具を狙ってみよう

    『ポケモン ソード・シールド』ミュウツーとのマックスレイドバトルは報酬がアツい! 初代御三家からは「かえんだま」などのレア道具を狙ってみよう

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 「どうぶつの森」公式Twitter、ほのぼのな4コマ漫画を掲載! しかし「★ローンも可!」に多くのユーザーが反応

    「どうぶつの森」公式Twitter、ほのぼのな4コマ漫画を掲載! しかし「★ローンも可!」に多くのユーザーが反応

  4. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  5. 『ポケモン ソード・シールド』新たな幻ポケモン「ザルード」公開!あく・くさタイプの“わるざるポケモン”

  6. 『あつまれ どうぶつの森』はショップ特典もすごい!ランチボックス・トートバッグなど14店舗の特典まとめ

  7. 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」各地方ごとの投票結果も公開!初代カントーから最新作ガラルまで、8地方別のランキングをチェック

  8. 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」結果発表―栄光の1位はゲッコウガ!2位にルカリオ、3位はミミッキュがランクイン

  9. 『あつまれ どうぶつの森』キャラクターメイク情報公開!髪や目を自由に設定可能に―ゲーム開始後も鏡・ドレッサー等でいつでも変更できる

  10. 『ポケモン ソード・シールド』伝説ポケモンで挑むダイマックスミュウツー!ザシアン、ムゲンダイナを連れて行った結果は?

アクセスランキングをもっと見る