人生にゲームをプラスするメディア

EAとの直接対決見直す―――小口セガ次期社長

セガの次期社長に内定しているセガの尾口久雄常務執行役員が日経産業新聞のインタビューに答えています。同氏はエレクトロニックアーツとの全面対決を掲げた海外戦略を見直す考えを示しています。

任天堂 GC
セガの次期社長に内定しているセガの尾口久雄常務執行役員が日経産業新聞のインタビューに答えています。同氏はエレクトロニックアーツとの全面対決を掲げた海外戦略を見直す考えを示しています。

―――将来の社長候補でしたがこの時期というのは早い印象です

僕もそう思う。正直言えばあと三年くらいゲームを作って会社に貢献してからと思っていた。でも社長と最高経営執行者の二頭体制はよくないと思っていたし、合併問題では世間を騒がせた。ここは会社を一つにまとめないとと思ったら、自分がやるしかないなと。

現場をまとめられるという自信はある。クリエーター仲間からは以前から社長をやってほしいといわれてたしね。さっそく、いっしょに経営戦略を練り始めた。

―――不審の北米販売をどうするのか

エレクトロニックアーツと正面から対決してきたが、その戦略がいいのかと考え直している。販売規模が違いすぎる。てこ入れに販売委託先としてどこかと組むというのは選択肢にある。EAも排除していない。

そのほか、社長直轄の開発本部を置いてそこで何を作るか売るか考えるとコメント。またCSKの意向で迷走した事については、これからは青園社長を自分が説得すれば話が早く済むということ、筆頭株主であることは安定株主しての役割もあると話しています。

(日経産業新聞23日付朝刊)
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 噛み付いたらはなさない!…ってマジ?『あつまれ どうぶつの森』に登場する「スッポン」について知ろう【平坂寛の『あつ森』博物誌】

    噛み付いたらはなさない!…ってマジ?『あつまれ どうぶつの森』に登場する「スッポン」について知ろう【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  2. 『マリオ3』は最弱の「カエルスーツ」のみでクリアできるのか!? 特殊すぎる変身アイテムでいざ挑戦【スーパーマリオ35周年特集】

    『マリオ3』は最弱の「カエルスーツ」のみでクリアできるのか!? 特殊すぎる変身アイテムでいざ挑戦【スーパーマリオ35周年特集】

  3. 本当は怖い『FFCCリマスター』の世界―瘴気で人はバタバタ死ぬし、モンスターはグロい…

    本当は怖い『FFCCリマスター』の世界―瘴気で人はバタバタ死ぬし、モンスターはグロい…

  4. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 任天堂、経営方針資料に「ゲーム専用機による遊びの提案を続ける」と記載─今後の展望には“次のゲーム機”の表記も

  7. 『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』で配信して欲しいタイトル1位は『MOTHER2』!人気タイトル勢揃いな読者の熱い思いをお届け【読者アンケート】

  8. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  9. いままでありがとう! 生産終了したニンテンドー3DSの思い出深いゲーム39(サンキュー)選

  10. 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

アクセスランキングをもっと見る