人生にゲームをプラスするメディア

ナムコが平成15年3月期決算を発表

任天堂 GC

株式会社ナムコが平成15年3月期(2003年3月期)決算を発表しました。それによれば前期は、売上高が1547億7700万円、営業利益が94億7000万円、経常利益が87億7700万円、純利益が41億1500万円となったそうです。業界は厳しい状況ですが『太鼓の達人』などで増益増収となっています。

ナムコでは中長期的に、
  1. 事業の高付加価値化による高株価、グループ利益最大化、連結ROE15%の達成
  2. 主要3事業(業務用機器販売、家庭用ゲームソフト販売、アミューズメント施設運営)の構造改革の推進
  3. 新規事業の発掘・育成強化とパチンコ・パチスロ液晶、ウェブ&モバイルの各事業の成長と自立
  4. 事業戦略を支える士気向上に資する制度・システムの構築
  5. 経営責任の明確化と資源配分の見直しを軸とする子会社戦略の強化であります。

という目標を掲げているようです。家庭用下ゲーム部門ではメディアミックス展開の推進、コンテンツビジネス化、ネットワークゲームの早期開発、、ハードの高性能化に対応した上での開発コスト低減に努め、話題・売上の両面でナムコブランドを世界に知らしめる為に開発力の強化を行うとしています。

次期はグループ全体の基幹情報システムを整備し、事業の中心である家庭用ゲーム開発と知的財産の拡充の為に先行投資を行うとしています。計画は売上高1,648億円、経常利益107億円、当期利益58億円とのこと。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  7. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  8. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  10. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

アクセスランキングをもっと見る