人生にゲームをプラスするメディア

NECインターチャンネルがシークレットタイトル開発中

egに米国NECインターチャネルの社長・倉橋氏のコメントが掲載されています。

任天堂 GC
egに米国NECインターチャネルの社長・倉橋氏のコメントが掲載されています。

「もう14〜15年も前になりますか。一連のPCエンジンシリーズ、こちらではターボグラフィックスといった商品名で販売していましたが、そのころのユーザーさんっていうのが、いまだに熱烈なファンだったりするケースが多いようなので、日本の弊社の社員なんかがびっくりするんですよ。こちらにおける(現在の)我々の活動があまりに注目されすぎていて」

とのこと。NECでは昨年から米国でも活動を再開してこれまでにゲームキューブ向けに『チューブスライダー』を発売しています。また、シークレットのファンタジー系アクションアドベンチャーゲームは、『ディアブロ』の開発者であるTim May氏を筆頭に、『ワイプアウト』や『ロード オブ ザ リング』等を手がけたスタッフが設立したゲームスタジオ「PIRATES GAMES」により開発中で、来春PC、PS2、GC、Xboxに向け発売予定とのことです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  7. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  8. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  9. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  10. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

アクセスランキングをもっと見る