人生にゲームをプラスするメディア

GC『ジャイアントエッグ ビリーハッチャーの大冒険』体験レポ

任天堂 GC

ソニックチームの放つ完全新作が『ジャイアントエッグ ビリーハッチャーの大冒険』です。ビリーという主人公が卵を孵化させてそれで生まれたクリーチャーを操ったり卵のまま転がしたりして進んでいくアクションゲームです。以下はPGCのインプレッションを噛み砕いた(?)もの。

主人公ビリーは自分では殆ど何も出来ません。ですから卵を使うことになります。例えばヨーヨーのように卵を使って敵を攻撃したり、「クッグ・ドロップ」で杭を打ってスイッチを作動させたりします。

ステージが始まるとプレイヤーはフルーツなどを卵にエサとして与えます。与えつづけると卵は段々と大きくなり、一定以上になればRボタンを使って「ハッチ(孵化)」させてクリーチャーを呼ぶ事が出来ます。私が孵化させたクリーチャーはペンギンで氷や水で攻撃できました。

グラフィックは良いです。テクスチャはそれほど細かくといった感じではありませんが動かすと非常に滑らかに綺麗です。例えばゲームの中には雪のステージがあり、雪を拾って雪だるまを作るというミッションがありました。そこでは雪を拾うとちゃんと地面にそのような跡が残るような凝り様でした。だからそこで地面に絵を描くなんて事も出来ます。

操作も良いです。『ジャイアントエッグ ビリーハッチャーの大冒険』は磨き上げられたアクションゲームと評価できます。今年後半、発売される時はチェックする価値があるでしょう。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

    ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  2. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

    『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  4. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  5. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  6. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  7. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  8. ミニファミコン海外版「NES Classic Editions」生産中止が決定

  9. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  10. Wii U向けVC『エキサイトバイク64』配信開始、Wii UのVC新作は約2ヶ月ぶり

アクセスランキングをもっと見る