人生にゲームをプラスするメディア

史上最高のRCG『F-ZERO GX』インプレッション

1991年に発売された初代『F-ZERO』はこれまでになかったスピードという快感でゲーマーのアドレナリンを刺激し虜にしました。そしてN64てせ出た『F-ZERO X』はジェットコースターのようなねじれをもコースに与え新しい絶頂をゲーマーに与えました。にも関わらず『X』は地味なグラフィックが未来を感じさせないという批判を受けました。しかし『G』を加えた『F-ZERO GX』はその全てが変わりました。

任天堂 その他
1991年に発売された初代『F-ZERO』はこれまでになかったスピードという快感でゲーマーのアドレナリンを刺激し虜にしました。そしてN64てせ出た『F-ZERO X』はジェットコースターのようなねじれをもコースに与え新しい絶頂をゲーマーに与えました。にも関わらず『X』は地味なグラフィックが未来を感じさせないという批判を受けました。しかし『G』を加えた『F-ZERO GX』はその全てが変わりました。

セガと任天堂が共同で開発する『F-ZERO』はE3のショウフロアーで私達を驚愕させました。目は釘付けになり、手はコントローラーと一体化し、まるで目の前のプラズマスクリーンに吸い込まれるような感覚を覚えました。彼らはN64版のシステムを見事にGC上で完成させました。本当にN64版より更にスピードを増した信じられない程の映像です。私達はセガが実現したスピードと美の融合を未来を舞台にした過去最高のレースゲームだと自身を持って言えます。

操作はN64版と変わっていません。Aボタンで加速し、Bでブレーキ、LRでそれぞれの方向に機体を傾けます。E3では3つのデモコースが用意されていましたが、そのうちの2つではLRが必要な急カーブもあったそうです。また2週目以降はYでブーストを使えます。ブーストを使うとアングルが少し変わってずばーっと、かなーりかっこいい感じになるそうです。ほか、Zで『F-ZERO X』のように他のマシンにアタックすることも。

ゲーム中のシステムも前作までと変わりません。30台で3週のレースを行います。マシンはスライダーバーで性能をカスタマイズできます。「3・2・1」とカウントダウンが行われ、レースがスタートすればAで加速しライバル達を追い抜いて行かなくてはなりません。ライバルのマシンに触れたりコースのサイドに触れるとダメージを受けて、回復するにはコース中に用意されたゾーンを通過しなくてはなりません。

『F-ZERO GX』には幾つかのモードが用意されていますが、E3では「1コースレース」・「VSバトル」の2つのモードが体験できました。そしてE3では体験できませんでしたが新たに「ストーリーモード」というものが用意されます。これはキャプテン・ファルコンがタイムアタックや一対一のミッションやテストを受けていくというものです。

最終バージョンでは30台のマシンが用意されているとのことですが、E3では「ブルー・ファルコン」・「ゴールデン・フォックス」・「ファイアースティングレー」・「ホワイト・キャット」・「レッド・ガゼル」の5台が用意されました。またコースは20のうち3つが体験できました。その3つというのは「ミュートシティ(!)」・「ライトニング」・「メトロポリス」です。コースには建物やビーム、アーケードが書き込まれていてこれが更にスピード感を増します。遠くには地平線、近くには雲の影もコース上にリアルタイムに描かれます。第2の「ライトニング」では空の雷も美しく描かれているそうです。もちろんこれでも常に60fpsは保っています。

以上。『F-ZERO GX』はこんな感じです。動画を見れば凄いゲームだと言う事は分りますが、実際プレイした方もかなり高い評価をしているようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  6. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  7. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  8. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

アクセスランキングをもっと見る