人生にゲームをプラスするメディア

史上最高のRCG『F-ZERO GX』インプレッション

任天堂 その他

1991年に発売された初代『F-ZERO』はこれまでになかったスピードという快感でゲーマーのアドレナリンを刺激し虜にしました。そしてN64てせ出た『F-ZERO X』はジェットコースターのようなねじれをもコースに与え新しい絶頂をゲーマーに与えました。にも関わらず『X』は地味なグラフィックが未来を感じさせないという批判を受けました。しかし『G』を加えた『F-ZERO GX』はその全てが変わりました。

セガと任天堂が共同で開発する『F-ZERO』はE3のショウフロアーで私達を驚愕させました。目は釘付けになり、手はコントローラーと一体化し、まるで目の前のプラズマスクリーンに吸い込まれるような感覚を覚えました。彼らはN64版のシステムを見事にGC上で完成させました。本当にN64版より更にスピードを増した信じられない程の映像です。私達はセガが実現したスピードと美の融合を未来を舞台にした過去最高のレースゲームだと自身を持って言えます。

操作はN64版と変わっていません。Aボタンで加速し、Bでブレーキ、LRでそれぞれの方向に機体を傾けます。E3では3つのデモコースが用意されていましたが、そのうちの2つではLRが必要な急カーブもあったそうです。また2週目以降はYでブーストを使えます。ブーストを使うとアングルが少し変わってずばーっと、かなーりかっこいい感じになるそうです。ほか、Zで『F-ZERO X』のように他のマシンにアタックすることも。

ゲーム中のシステムも前作までと変わりません。30台で3週のレースを行います。マシンはスライダーバーで性能をカスタマイズできます。「3・2・1」とカウントダウンが行われ、レースがスタートすればAで加速しライバル達を追い抜いて行かなくてはなりません。ライバルのマシンに触れたりコースのサイドに触れるとダメージを受けて、回復するにはコース中に用意されたゾーンを通過しなくてはなりません。

『F-ZERO GX』には幾つかのモードが用意されていますが、E3では「1コースレース」・「VSバトル」の2つのモードが体験できました。そしてE3では体験できませんでしたが新たに「ストーリーモード」というものが用意されます。これはキャプテン・ファルコンがタイムアタックや一対一のミッションやテストを受けていくというものです。

最終バージョンでは30台のマシンが用意されているとのことですが、E3では「ブルー・ファルコン」・「ゴールデン・フォックス」・「ファイアースティングレー」・「ホワイト・キャット」・「レッド・ガゼル」の5台が用意されました。またコースは20のうち3つが体験できました。その3つというのは「ミュートシティ(!)」・「ライトニング」・「メトロポリス」です。コースには建物やビーム、アーケードが書き込まれていてこれが更にスピード感を増します。遠くには地平線、近くには雲の影もコース上にリアルタイムに描かれます。第2の「ライトニング」では空の雷も美しく描かれているそうです。もちろんこれでも常に60fpsは保っています。

以上。『F-ZERO GX』はこんな感じです。動画を見れば凄いゲームだと言う事は分りますが、実際プレイした方もかなり高い評価をしているようです。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストアのアクセス状況が改善―次回スイッチ予約受付は8月23日【UPDATE】

    マイニンテンドーストアのアクセス状況が改善―次回スイッチ予約受付は8月23日【UPDATE】

  2. 『スプラトゥーン2』アプデ情報が公開!新ステージ「マンタマリア号」や「バブルランチャー」が近日登場

    『スプラトゥーン2』アプデ情報が公開!新ステージ「マンタマリア号」や「バブルランチャー」が近日登場

  3. 「ニンテンドースイッチ」マイニンテンドーストア8月22日からの注文は10月以降お届け

    「ニンテンドースイッチ」マイニンテンドーストア8月22日からの注文は10月以降お届け

  4. 『ARMS』新ファイター「ローラポップ」を発表! 不思議なアクションを映像でいち早く公開

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』イカしたコーデで勝利を掴め!注目ギアパワー10選

  6. マイニンテンドーストアのエラーキャラ「ニンゴジラ」が予期せぬ人気に、海外メディアにも取り上げられる

  7. 「ミニ スーパーファミコン」予約受付は9月中旬以降─中断ポイントから“巻き戻して”遊べる「リプレイ機能」なども搭載

  8. 『ARMS』8月26日から、誰でも無料で参加できる「夏休みオンライン体験会」を実施!

  9. 【8/22更新】「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  10. ヤマダ電機、スイッチ販売キャンペーンに不祥事があったとして謝罪文掲載

アクセスランキングをもっと見る