人生にゲームをプラスするメディア

GC『マリオゴルフ ファミリーツアー』プレイレポート

64、そしてGBCにて大好評を博したマリオゴルフの新作「マリオゴルフファミリーツアー」が出展されました。筆者曰く「悪くない」そうな。

任天堂 GC
64、そしてGBCにて大好評を博したマリオゴルフの新作「マリオゴルフファミリーツアー」が出展されました。筆者曰く「悪くない」そうな。


マリオゴルフ64、マリオテニスGBでは現実的なデザインのコースから幻想的なデザインのコースまで非常にバラエティに富んだコースが多数用意されていましたが、今回もそれは受け継がれています。今回の任天堂ブースではいくつかのサンプルホールが選択可能な2つのコースがプレイ可能だったそうです。そのひとつは王道派なゴルフコース、もうひとつは現実には不可能と思われる、マリオの要素をたっぷりと詰め込んだコースだったということです。ゲームキューブのパワーを活かし、マリオゴルフGCは本物のゴルフコースをキノコ王国に持ち込んだ、と筆者は湖面としています。巨大な土管があったり、フェアウェイに巨大なキノコがあったりするのだとか。

操作感はマリオゴルフ64に似た感じがしたそうです。新しいスティック操作ではなく、キャメロットは従来の操作方法を選んだ、としています。…なんか矛盾のある話のような気もします。基本的にAを押して最初パワーを決めるところでとめ、またインパクトをタイミングで決めるというものなようです。そのため、筆者はそのシステムがどう変わったかという点についてはコメントを控えています。

その他、Cスティックはカメラの操作、コントロールスティックは方向とクラブの選択、Bはショットタイプ(前作でいうパワーショットとか)とパッティングの距離の選択となっています。距離を判別するための機構として、キャメロットは距離とパワーメーターを連動させる機構を搭載しているそうです。初心者向けの処置でしょうな。Cスティックを操作することによってヤジを飛ばすことのできる点も同じだそうです。本来マナー違反だと思うんですがw

グラフィックに関しては壮観だと述べています。全ての木、土管、そしてキノコがモデリングされており、よくみると芝の一本一本まで表示されているんだとか。このモデリングはマリオパーティ4とマリオカートダブルダッシュに見られる任天堂の新スタンダードを更にいじったものなんだとか。…多分マリオパーティ5のことだと思います、ええ。キャラクターやそのアニメーションも巧く出来ており面白い。「totally Mario」っちうのは誉め言葉でしょうか?w
《》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ポケモンなのにガチで怖い…!『ポケモンレジェンズ アルセウス』突如現れた謎映像に、震えが止まらないトレーナー続出

    ポケモンなのにガチで怖い…!『ポケモンレジェンズ アルセウス』突如現れた謎映像に、震えが止まらないトレーナー続出

  2. 「ゾロア・ゾロアーク(ヒスイのすがた)」発表!ノーマル・ゴーストタイプが『ポケモンレジェンズ アルセウス』で初登場

    「ゾロア・ゾロアーク(ヒスイのすがた)」発表!ノーマル・ゴーストタイプが『ポケモンレジェンズ アルセウス』で初登場

  3. 岸田メル氏が「ライザ」を、トリダモノ氏が「愛央」を描く!ムチムチ太ももに目が眩む、夢のコラボイラスト公開

    岸田メル氏が「ライザ」を、トリダモノ氏が「愛央」を描く!ムチムチ太ももに目が眩む、夢のコラボイラスト公開

  4. 『ポケモンユナイト』高速移動しながらゲップを撒き散らす「ヨクバリス」がガチで強い!シャレにならない性能を解説

  5. あの「人修羅」や「魔人」とも戦える!『真・女神転生V』全7種の有料DLCが発売同日に配信決定

  6. 『あつ森』ダイレクトへの異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めてamiiboカードをポチるようになったか

  7. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  8. 『ポケモン アルセウス』新ポケモン「バサギリ」は「ストライク」が進化した姿!「キング・クイーン」との戦闘システムも公開

  9. 『ポケモン アルセウス』新キャラたちの“子孫予想”が白熱!彼・彼女たちに感じる面影、その正体はあの人物かも?

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る