人生にゲームをプラスするメディア

ドラゴンボールがGCでも正式発表――北米向け

任天堂 その他

インフォグラムス改めアタリは昨年プレイテスーション2で発売して130万本以上のセールスを記録した『ドラゴンボールZ: 武道会』をゲームキューブ向けにも10月に発売すると正式に発表しました。但し北米向け。

「私達は人気テレビシリーズからの刺激的なタイトルをゲームキューブ向けに供給するのを楽しみにしています。熱心にゲームキューブに来る事を待ったファンは遂にドラゴンボールを手に入れました」とアタリのマーケティング担当・ベヴァリー・スタジオ副社長のNancy MacIntyre氏はコメントしました。

ゲームはベジータ編、フリーザ編、セル編という「ドラゴンボールZ」の中で最も盛り上がるストーリーを完全再現したもの。当時の声優を起用したストーリーを自分の視点から体験し、ダイナミックなバトルを楽しむことが出来る、正にファンには堪らない内容。国内で発売されたPS2版を含めて全世界では200万本を突破しています。

国内での発売が期待されます。そういえば以前、「ドラゴンボールが国内でも出る」みたいな噂はありましたね、、、期待できるかも。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

アクセスランキングをもっと見る