人生にゲームをプラスするメディア

『罪と罰』移植はある!?トレジャーインタビュー

Gamers.comに『罪と罰』や『斑鳩』を開発したトレジャーへのインタビューが掲載されています。答えているのはトレジャー代表取締役社長の前川正人氏です。そういえば『ワリオワールド』どうなった!?

任天堂 その他
Gamers.comに『罪と罰』や『斑鳩』を開発したトレジャーへのインタビューが掲載されています。答えているのはトレジャー代表取締役社長の前川正人氏です。そういえば『ワリオワールド』どうなった!?

―――『斑鳩』は『レイディアント・シルバーガン』の続編と呼んでよいものですか
2つのタイトルには関連性はありませんので『シルバーガン』の続編とは呼べないと思います。もちろん両方ともシューティングゲームでありアーケードで開発されてから家庭用に移植されたものではありますが。ゲーム性の面では大きく異なります。『斑鳩』はシステム面とパズルのようなシステムをコンセプトとしました。

―――開発チームの規模は
核となるチームは3人です。ただしその他にもいろいろな人が手伝いました。

―――開発期間は
2年間です。

―――キャラクターなどを設計したのは誰ですか
『罪と罰』などにも関わった鈴木康士がキャラ設計などを行いました。彼の設計は実に空想的でユニークなものです。

―――『シルバーガン』や『斑鳩』の続編は考えていますか
今の時点ではコメントできることはありません。

―――トレジャーはゲームキューブが好きなように見えます、また宮本氏はキューブはN64から移植し易いようにデザインされているとコメントしました。『罪と罰』をゲームキューブに移植するようなつもりはありませんか
N64で発売した『罪と罰』は多くの人に楽しまれました、それはとても嬉しい事です。ゲームキューブに関して言うと、実際に私達はこの機械が好きです。また私達は『斑鳩』を子供から大人まで全ての人たちに遊んでもらいたくて、ゲームキューブは最良のプラットホームでした。その上、アーケードよりも良いゲームに仕上げる事が出来ました。しかし『罪と罰』を移植する事があるかどうかについては何も言えません。

以上!。最後もう少し突っ込んで欲しいなあという所です。『罪と罰』はあのグラフィックがなんともいえないいい味を出していた作品なのでN64で置いておいてもいい気がしますが、やはり海外の人達はキューブで出してくれという願いが強いようです(海外では未発売)。それから結局『ワリオワールド』はどうなんでしょう、今年のE3には出ると思いますが、、、。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

    『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

  2. 『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

    『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

  3. 『モンハンライズ:サンブレイク』新イベクエ「爆炎豪水」配信!ガランゴルム1頭狩り…と思いきや?

    『モンハンライズ:サンブレイク』新イベクエ「爆炎豪水」配信!ガランゴルム1頭狩り…と思いきや?

  4. 『スプラトゥーン3』ジャイロ操作に違和感があったら、「補正」を試して!知っておきたい2つの方法

  5. 『モンハンライズ:サンブレイク』ジェスチャーの連続入力に制限―通信時にロビーへ大きな負荷がかかると判明

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

  7. 『モンハンライズ:サンブレイク』アプデで、フゲンが使う環境生物の当たり判定に修正―里長がついに脱“カエル初心者”へ

  8. 「Nintendo Live 2022」音楽ライブ“『あつ森』&『スプラ3』”は誰でも楽しめる!最終公演のみライブ配信を実施

  9. 山田涼介や関優太も『スプラトゥーン3』に熱中!バンカラ街で悪戦苦闘するFPSの猛者たち

  10. 『超探偵事件簿 レインコード』小高和剛氏インタビュー!新作のこだわり&Zにはならない?CERO設定…『トライブナイン』制作状況や『ダンガンロンパ』続編の話も

アクセスランキングをもっと見る