人生にゲームをプラスするメディア

バイキングがAC向けプラットフォーム「BNAS」を発表、第1弾『マジシャンズデッド』以降も新作続々

その他 アーケード

第1弾タイトルは『マジシャンズデッド』に
  • 第1弾タイトルは『マジシャンズデッド』に
  • 『マジシャンズデッド』メインビジュアル
  • BNAS(仮)
  • Byking Network Arcade Systemの頭文字から
  • バイキング ロゴ
バイキングは、「ジャパン アミューズメント エキスポ2016(JAEPO 2016)」にて、アーケード新プラットフォーム「BNAS(仮)」(ビーナス)を発表しました。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』シリーズや『ガンスリンガー ストラトス』シリーズなどの開発に携わってきたバイキングが発表した「BNAS(仮)」は、アーケード用ゲームダウンロードサービスの新規プラットフォームです。「BNAS(仮)」は「Byking Network Arcade System」の頭文字から名付けられており、バイキングが開発する新作タイトルを配信。同社が得意とするアクションゲームのほか、さまざまなゲーム配信を予定しています。


「BNAS(仮)」の第1弾タイトルとなるバイキング初の自社パブリッシングアーケードゲーム『マジシャンズデッド』を皮切りに、今後も新作を配信。インフラにはタイトー「NESYS」(タイトーネットエントリーシステム)を利用しているため、「NESYS」をすでに導入している店舗の場合は、新たなインフラを用意する必要なくサービスの利用が可能です。また、稼働ゲームタイトルはオペレーターが任意に選択できます。


バイキングの代表取締役・尾畑 心一朗氏から「BNAS(仮)」のサービス立ち上げに関してコメントも届いているのでご紹介します。

「BNAS(仮)」への想い 株式会社バイキング 代表 尾畑 心一朗
当社は創業からアーケードを主軸に置いた開発、事業を推進しておりアーケードに対する想いは特別なものがあります。アーケードには、そもそも私自身が4歳のころからゲームセンターが大好きで毎日のように100円玉を握って大喜びで通い、楽しませて頂いた感謝の気持ちがあります。

ゲームセンターは私の心の故郷です。その想いからアーケード業界の更なる飛躍に少しでも私達が役立ちたい、という信念で私達の考える“最高品質のゲームを、出来るだけ安価に提供できるプラットフォーム”を検討してきました。この度、「BNAS(仮)」第1弾タイトル『マジシャンズデッド』を皮切りに本サービスを展開致します。また第2弾、第3弾の準備も進んでおります。

私共の発信していくタイトル群で全国のゲームセンターで、嘗ての自分達のように多くのお客様の笑顔を作ることに貢献したいと考えています。何卒、宜しくお願い致します。


アミューズメント施設向けゲームで新しい挑戦を始めるバイキングと新プラットフォーム「BNAS(仮)」。第1弾タイトル『マジシャンズデッド』と、今後続く新作タイトルに注目です。


『マジシャンズデッド』
(C)2016 BYKING Inc. All rights reserved.
(C)2015-2016 EXIGE GAMES Sdn.Bhd. All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  2. ハリウッド映画版『テトリス』物語はとてつもなく壮大に

    ハリウッド映画版『テトリス』物語はとてつもなく壮大に

  3. 00年代アニソンコンピアルバム「アニソンLOVE」第2弾発売…銀魂、ハガレン、NARUTO、エウレカなど

    00年代アニソンコンピアルバム「アニソンLOVE」第2弾発売…銀魂、ハガレン、NARUTO、エウレカなど

  4. 『テイルズ オブ』などのイラストを手掛ける藤島康介が結婚、相手は31歳年下コスプレイヤー…岸田メルも反応

  5. 「アドベンチャー・タイム」ミニシリーズを日本初放送!OPは湯浅政明率いるサイエンスSARU

  6. マンガ新人賞ポータルサイト「マンナビ」 トキワ荘プロジェクトが立ち上げ

  7. どれで遊んだ?「コントローラー」史58年振り返るファンメイド映像

  8. 「エヴァンゲリオン」7月2日19時か一挙放送

  9. 「傷物語〈II 熱血篇〉」8月19日公開!追加キャストに入野自由、大塚芳忠、江原正士

  10. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

アクセスランキングをもっと見る

page top