人生にゲームをプラスするメディア

ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』

その他 アーケード

ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
  • ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
  • ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
  • ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
  • ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
  • ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
  • ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
  • ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
  • ボール型コントローラーも注目!スマホと連動して遊べるアーケード版『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』
コナミデジタルエンタテインメントは2016年稼働予定のアミューズメント施設向け、『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』をJAEPO 2016で初披露しました。

1994年から続く老舗の野球ゲームで、シリーズ累計2080万本。1900万ダウンロードを超えたスマホ版も好調な『実況パワフルプロ野球』がアーケードゲームとなって登場です。スマホ版で育成したマイチームを使って、全国のプレイヤーと熱い対戦が可能です。



筐体で目を引くのは「パワボール」と呼ばれる新型コントローラー。ボール型のスティックコントローラーで、360度の入力が可能な他、3つのボタンと押し込みにも対応しています。打撃、投球、守備の移動など様々な場面で使います。





筆者も少し体験してみましたが、「パワボール」を使った操作は独特ですが、慣れると雰囲気があって悪くありません。走塁時には「パワボール」をぐるぐる回すと少し速く走れるという効果も。ちょうど野球ボールほどの大きさなので、臨場感を味わえました。

『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』ではスマホ版からQRコードを読み込むことで、マイチームを呼び出す事が可能。大画面で迫力が楽しめる対戦では、店舗内だけでなく、オンラインで全国のプレイヤーと戦う事が可能。対戦はシリーズを踏襲していますが、新要素「パワスパーク」が登場。これは打席や投球の際に発動できるスキルで、一時的にプレイヤーの能力を大幅にアップしてくれます。勝負を決める場面で強力な「パワスパーク」を使って戦いを優位に進めましょう。



対戦だけではありません。「攻略モード」では全国のプレイヤーと対戦を繰り返してチームを強化、"パワプロード"を進んでいきます。人気の「育成モード」もちゃんと収録。本作では試合で勝てば勝つほど強くなる"試合進行形育成システム"が初めて搭載されています。ドラフト会議で獲得した選手を育てて最強チームを目指しましょう。記録を達成するとトロフィも貰え、収集要素もあります。

さらに、毎日時間限定の公式ミニイベント(本塁打杯、奪三振杯、連勝杯、ランク限定大会など...)を開催予定。加えてユーザーによるオリジナルのイベントもスマホやPCから開催できるとのこと。家庭用、スマホ、そしてアーケードと、広がっていくパワプロの世界。弾けるような熱い試合が期待できそうです。

(C)Konami Digital Entertainment
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

    「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  4. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  5. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  6. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  7. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  8. 【特集】CDショップにゲームサントラがない…この状況にタワーレコードが動く

  9. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  10. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

アクセスランキングをもっと見る