人生にゲームをプラスするメディア

AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能

その他 アーケード

AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
カプコンは、2月19日に行われた「JAEPO 2016」のステージイベントにて、アーケードゲーム『進撃の巨人 TEAM BATTLE』を最新情報を公開しました。

原作の漫画はもちろんのこと、アニメも好評を博し、今も高い人気を集めている「進撃の巨人」。原作の中では、恐るべき巨人が人類の安寧へと踏み込み、また人類も反撃の狼煙をあげて挑む姿が描かれていますが、本作『進撃の巨人 TEAM BATTLE』はアーケードへと進撃を果たす一作です。


今回行われたステージイベントでは、プロデューサーの今澤健弘氏などが登壇。本作の特徴を「多人数でわいわいと楽しめる作品」「会社や学校の帰りに寄って、みんなで遊んで欲しい」と表現し、協力して遊ぶ楽しさがひとつのポイントとなると語ります。


そして、「JAEPO 2016」に合わせて制作された映像もお披露目。原作の立体起動装置のブレード部分をイメージした2つの入力デバイス「スナップブレード」を備えた筐体や実際のゲーム映像をたっぷりと披露されました。巨人を討伐する瞬間の迫力はもちろん、操作キャラが壁を走って進むシーンもあり、大胆なアクションを楽しめそうな予感を覚えます。


続いては、実機でのデモプレイを交えながら本作の様々な魅力の紹介に移り、まずは「シチュエーションモード」と「チームマッチモード」という二つの楽しみ方を紹介。シチュエーションモードはアニメのシーンを再現したバトルを楽しむことができ、今回の実機プレイではトロスト区防衛戦に挑みました。ちなみにチームマッチモードは、4vs4で楽しむ対戦モードで、相手のチームの邪魔などもできるとのことです。

本作のコンセプトは「スナップブレードで狙う」で、プレイ時には2本のスナップブレードを両手に持ち、ガンシューティングゲームの様に画面に向けてターゲットマーカーを動かします。巨人を討伐するにはうなじに攻撃するのが唯一の手段ですが、その弱点に近づくためには位置取りが重要。好機を狙える位置にいかにして移動するかがカギとなり、そのための手段がスナップブレードでの狙いです。


なお、アンカーの射出もスナップブレードで行うのですが、左右それぞれを駆使してアンカーを出し分ける「ダブルアンカー」と、右のみの操作で楽しめる「シングルアンカー」、2つの操作方法が用意されています。自身の腕前や自信に合わせてチョイスできるのは、嬉しいポイントです。

4人のチームプレイで巨人に立ち向かえるため、お互いのサポートも重要な戦略。デモプレイ中も、巨人に食べられそうになったプレイヤーキャラを別の方が瞬時に助けるなど、息の合った熱いプレイを展開していました。この仲間を助ける醍醐味も見逃せない魅力といえるでしょう。


なおデモプレイの方は、巨人と次々と討伐していると、突然「奇行種」が出現。この奇行種が討伐目標となり、見事一撃で仕留めてトロスト区の防衛に成功しました。今回のデモプレイでは、エレン・アルミン・ミカサ・ジャンの四人がお披露目されましたが、操作キャラクターはまだまだ追加されます。人気があるキャラだけでなく、「こんな奴も使えちゃうの?」といったキャラも使えるとのことなので、こちらの続報も実に楽しみです。


本作の稼働は2016年冬を予定しており、プレイできるのはもう少し先になりそうですが、まだまだ波乱の展開を見せる原作を楽しみつつ、新情報の公開を心待ちにしておいてください。


(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」制作委員会
(C)CAPCOM CO.,LTD.2016 ALL RIGHTS RESERVED.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. スマホMMO『アヴァベルオンライン』TVアニメ製作中止へ

    スマホMMO『アヴァベルオンライン』TVアニメ製作中止へ

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. 集英社が「矢吹健太朗漫画賞」を創設!「To LOVEる」作者が審査委員長を務める

    集英社が「矢吹健太朗漫画賞」を創設!「To LOVEる」作者が審査委員長を務める

  4. 『NINJA GAIDEN』新プロジェクト始動か…作曲家・山岸継司がツイート、新情報は7月

  5. 話題の狂気作『Year Of The Ladybug』まもなく初トレイラー公開

  6. 『Fate/Grand Order』の「ギルガメッシュ」がfigmaに!霊基再臨の三段階目の姿も再現可能

  7. 【e-Sportsの裏側】「Eスポーツは意識してない」日本屈指のプロチームを構築した男が語る未来とは

  8. AC『ディシディア FF』に「ケフカ」参戦!登場は6月30日から

  9. ゲームのスチールケースを使ったインテリアが話題に

  10. スペースインベーダー柄の自作着物が話題に!赤と黒のコントラストをドットキャラが彩る

アクセスランキングをもっと見る

page top