人生にゲームをプラスするメディア

AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能

その他 アーケード

AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
  • AC『進撃の巨人 TEAM BATTLE』操作方法が明らかに!2本のブレードをガンシューティングの様に操作、左右のアンカーは打ち分け可能
カプコンは、2月19日に行われた「JAEPO 2016」のステージイベントにて、アーケードゲーム『進撃の巨人 TEAM BATTLE』を最新情報を公開しました。

原作の漫画はもちろんのこと、アニメも好評を博し、今も高い人気を集めている「進撃の巨人」。原作の中では、恐るべき巨人が人類の安寧へと踏み込み、また人類も反撃の狼煙をあげて挑む姿が描かれていますが、本作『進撃の巨人 TEAM BATTLE』はアーケードへと進撃を果たす一作です。


今回行われたステージイベントでは、プロデューサーの今澤健弘氏などが登壇。本作の特徴を「多人数でわいわいと楽しめる作品」「会社や学校の帰りに寄って、みんなで遊んで欲しい」と表現し、協力して遊ぶ楽しさがひとつのポイントとなると語ります。


そして、「JAEPO 2016」に合わせて制作された映像もお披露目。原作の立体起動装置のブレード部分をイメージした2つの入力デバイス「スナップブレード」を備えた筐体や実際のゲーム映像をたっぷりと披露されました。巨人を討伐する瞬間の迫力はもちろん、操作キャラが壁を走って進むシーンもあり、大胆なアクションを楽しめそうな予感を覚えます。


続いては、実機でのデモプレイを交えながら本作の様々な魅力の紹介に移り、まずは「シチュエーションモード」と「チームマッチモード」という二つの楽しみ方を紹介。シチュエーションモードはアニメのシーンを再現したバトルを楽しむことができ、今回の実機プレイではトロスト区防衛戦に挑みました。ちなみにチームマッチモードは、4vs4で楽しむ対戦モードで、相手のチームの邪魔などもできるとのことです。

本作のコンセプトは「スナップブレードで狙う」で、プレイ時には2本のスナップブレードを両手に持ち、ガンシューティングゲームの様に画面に向けてターゲットマーカーを動かします。巨人を討伐するにはうなじに攻撃するのが唯一の手段ですが、その弱点に近づくためには位置取りが重要。好機を狙える位置にいかにして移動するかがカギとなり、そのための手段がスナップブレードでの狙いです。


なお、アンカーの射出もスナップブレードで行うのですが、左右それぞれを駆使してアンカーを出し分ける「ダブルアンカー」と、右のみの操作で楽しめる「シングルアンカー」、2つの操作方法が用意されています。自身の腕前や自信に合わせてチョイスできるのは、嬉しいポイントです。

4人のチームプレイで巨人に立ち向かえるため、お互いのサポートも重要な戦略。デモプレイ中も、巨人に食べられそうになったプレイヤーキャラを別の方が瞬時に助けるなど、息の合った熱いプレイを展開していました。この仲間を助ける醍醐味も見逃せない魅力といえるでしょう。


なおデモプレイの方は、巨人と次々と討伐していると、突然「奇行種」が出現。この奇行種が討伐目標となり、見事一撃で仕留めてトロスト区の防衛に成功しました。今回のデモプレイでは、エレン・アルミン・ミカサ・ジャンの四人がお披露目されましたが、操作キャラクターはまだまだ追加されます。人気があるキャラだけでなく、「こんな奴も使えちゃうの?」といったキャラも使えるとのことなので、こちらの続報も実に楽しみです。


本作の稼働は2016年冬を予定しており、プレイできるのはもう少し先になりそうですが、まだまだ波乱の展開を見せる原作を楽しみつつ、新情報の公開を心待ちにしておいてください。


(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」制作委員会
(C)CAPCOM CO.,LTD.2016 ALL RIGHTS RESERVED.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

    「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  2. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

    【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  3. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

    【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  4. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  5. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  6. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  7. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  10. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

アクセスランキングをもっと見る