人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、平成28年3月期第2四半期決算を発表 ― スマートデバイス向けゲームは予定通り年内配信か

ゲームビジネス その他

任天堂は、平成28年3月期第2四半期決算〔日本基準〕(連結)を発表しました。

平成28年3月期第2四半期の状況について、ニンテンドー3DSでは、前期にハードウェアの新しいラインアップとして、Newニンテンドー3DS及びNewニンテンドー3DS LLの新色展開を実施。引き続き販売を伸ばし、ハードウェア全体の販売台数は228万台となっています。

ソフトウェアは、『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』の販売本数が202万本のヒットとなったほか、国内では『リズム天国 ザ・ベスト+』『ファイアーエムブレムif 白夜王国・暗夜王国』『ポケモン超不思議のダンジョン』といった幅広いジャンル展開を実施。サードパーティータイトルのミリオンセラーもありました。海外では、前期に発売した『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』などの定番タイトルが堅調に推移。ソフトウェア全体の販売本数は1,920万本となっています。

Wii Uでは、9月に全世界で発売された『スーパーマリオメーカー』が188万本と好調なスタートを切ったことに加え、5月に発売した『スプラトゥーン』が242万本のヒットとなりプラットフォームの活性化に貢献。ハードウェアの販売台数は119万台、ソフトウェアの販売本数は1,237万本となっています。

amiiboでは、新たに投入されたカード型のamiiboが良い出だしとなったことに加え、フィギュア型のamiiboが強い勢いを保ち、販売は引き続き好調とのこと。

これらの状況から、平成28年3月期第2四半期 連結業績は以下のようになりました。


◆平成28年3月期第2四半期 連結業績


【期間】平成27年4月1日~平成27年9月30日
※()内%表示は、対前年同四半期増減率

■売上高:2041億8200万円(19.1%)
■営業利益:89億7700万円
■経常利益:164億3600万円(△25.9%)
■親会社株主に帰属する四半期純利益:114億6600万円(△19.8%)


◆連結販売実績


■レジャー機器(ハードウェア):1030億200万円
■レジャー機器(ソフトウェア):1004億6200万円
■その他(トランプ・かるた他):7億1600万円


◆連結販売数量及びタイトル数


【期間】平成27年4月1日~平成27年9月30日

【ニンテンドー3DSシリーズ】
■国内
・ニンテンドー3DS LL:1万台
・Newニンテンドー3DS:16万台
・Newニンテンドー3DS LL:60万台
・ソフト:912万本(タイトル数:50本)

■米大陸
・ニンテンドー3DS LL:11万台
・ニンテンドー2DS:9万台
・Newニンテンドー3DS:5万台
・Newニンテンドー3DS LL:50万台
・ソフト:548万本(タイトル数:29本)

■その他地域
・ニンテンドー3DS LL:3万台
・ニンテンドー2DS:8万台
・Newニンテンドー3DS:20万台
・Newニンテンドー3DS LL:36万台
・ソフト:460万本(タイトル数:32本)

【Wii】
■国内
・ハード:0
・ソフト:15万本(タイトル数:1本)

■米大陸
・ハード:0
・ソフト:196万本(タイトル数:4本)

■その他地域
・ハード:8万台
・ソフト:197万本(タイトル数:7本)

【Wii U】
■国内
・ハード:32万台
・ソフト:205万本(タイトル数:10本)

■米大陸
・ハード:55万台
・ソフト:669万本(タイトル数:15本)

■その他地域
・ハード:31万台
・ソフト:364万本(タイトル数:16本)

※ニンテンドー3DSソフトの販売数量及びタイトル数は、ニンテンドー3DSカードソフト(パッケージ版及びダウンロード版)の数量です。
※Wiiソフトの販売数量及びタイトル数には、バーチャルコンソール及びWiiウェアの数量を含みません。
※Wii Uソフトの販売数量及びタイトル数は、Wii Uディスクソフト(パッケージ版及びダウンロード版)の数量です。
※各ソフトの販売数量実績は、ハードに同梱して販売した数量を含みます。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

今後の連結業績に関して、ニンテンドー3DSでは、10月に全世界で『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』を発売するほか、『マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX』を12月に日本と欧州で、『ポケモン超不思議のダンジョン』を11月に米国・来年初頭に欧州で発売予定。サードパーティーからも複数の有力タイトルが発売予定となっており、ニンテンドー3DSのより一層の普及を目指すとしています。

Wii Uでは、好調に推移している『スーパーマリオメーカー』と『スプラトゥーン』の話題性を維持させ、年末商戦に向けてさらなる販売拡大を目指します。また、amiiboを使って遊ぶ『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』を11月に全世界で発売するほか、『マリオテニス ウルトラスマッシュ』『スターフォックス ゼロ』などの新作ソフトが順次発売予定となっています。

ラインアップが充実してきているamiiboでは、『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』の発売に合わせて、11月より『どうぶつの森』シリーズのフィギュア型のamiiboを展開。日本では『どうぶつの森』シリーズのカード型amiibo第2弾を10月に発売するなど、さらなる販売拡大を目指すとしています。

また、これまでに新情報がほとんど出ていない、5月に発表された同社のゲームやキャラクターなどのIPを活用したスマートデバイス向けのゲームビジネスを今年から新たに展開することについて、特に予定変更などは告げられず、「スマートデバイス向けゲームアプリの配信開始を予定している」としています。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

    VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

  2. マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

    マシュのトレーニングをサポート!「FGO VR feat.マシュ・キリエライト」体験レポ

  3. 【週間売上ランキング】首位『真・女神転生IV FINAL』9.6万本、『戦場のヴァルキュリア リマスター』が2.4万本ほか(2/8~2/14)

    【週間売上ランキング】首位『真・女神転生IV FINAL』9.6万本、『戦場のヴァルキュリア リマスター』が2.4万本ほか(2/8~2/14)

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  6. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

  7. 【TGS2015】レベルファイブ日野氏があかした成功の秘訣、それは経営者とクリエイターが「なかよくすること」

  8. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  9. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  10. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

アクセスランキングをもっと見る