人生にゲームをプラスするメディア

スクエニHD、平成28年3月期第3四半期決算を発表 ― 『メビウスFF』『星ドラ』『FFBE』が好調なスタート

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス・ホールディングスは平成28年3月期第3四半期決算(連結)を発表しました。


◆平成28年3月期第3四半期の連結業績


【期間】平成27年4月1日~平成27年12月31日
※()内%表示は、対前年同四半期増減率

■売上高:1527億6000万円(28.5%)
■営業利益:237億7800万円(60.5%)
■経常利益:241億9800万円(46.3%)
■親会社株主に帰属する四半期純利益:135億3800万円(24.0%)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

セグメント別に見ていくと、デジタルエンタテインメント事業では、スマートデバイス・PCブラウザなどをプラットフォームとしてコンテンツにおいて、従来のタイトル群が好調に推移。また『メビウス ファイナルファンタジー』『星のドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』などのスマートフォン向け新規タイトルが好調なスタートを切っています。

家庭用ゲーム機向けタイトルにおいては、PS4/Xbox One/PCソフト『JUST CAUSE 3』や、PS4/Xbox One/Xbox 360/PCソフト『RISE OF THE TOMB RAIDER』の発売が堅調であったほか、多人数参加型オンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』および『ドラゴンクエストX』の追加ディスクの販売・運営が好調に推移しました。

アミューズメント事業では、アーケードゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』をはじめ、アミューズメント機器の販売が好調。効率的な店舗運営に努め、業績は順調に推移しています。


◆平成28年3月期第3四半期連結累計期間のセグメント別売上高


【期間】平成27年4月1日~平成27年12月31日
※()内%表示は、セグメント利益

■デジタルエンタテインメント事業:1101億4500万円(231億4400万円)
■アミューズメント事業:317億5500万円(43億5600万円)
■出版事業:76億7200万円(19億1300万円)
■ライツ・プロパティ事業:36億3300万円(11億9200万円)
■調整額:△4億4500万円(△68億2800万円)
■四半期連結損益計算書計上額:1527億6000万円(237億7800万円)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

子会社であるシンラ・テクノロジーの解散など、波乱の幕開けとなった2016年ですが、同社の有力IPである『ドラゴンクエスト』が30周年を迎えるメモリアルイヤーでもあり、早くも30周年企画が開始され注目を集めています。

第4四半期内では、1月28日に発売されたPS4/PS3/PS Vitaソフト『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』が各ハード版ともに好調な出足を記録。3月には人気シリーズの最新作として3DSソフト『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』の発売も予定されています。好調なスタートを切ったとされる新作スマートフォン向けゲーム群の人気がしっかり持続できるかなど、家庭用ゲーム、スマートデバイス向けゲーム、どちらの動向にも注目です。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

    『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  2. 2017年の世界のゲーム市場は11兆円規模に・・・次世代機が成長牽引もシェアは縮小

    2017年の世界のゲーム市場は11兆円規模に・・・次世代機が成長牽引もシェアは縮小

  3. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

    IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  4. バンダイナムコ、1月より港区芝の新オフィスに本社機能を移転

  5. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  6. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  7. DMM GAMES、TGS 2016に出展決定!ファン必見のスペシャルサイトも公開

  8. 外部骨格&VRスーツを用いた「AxonVR」が開発中、触覚・温度・重量なども再現可能

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

アクセスランキングをもっと見る

page top