人生にゲームをプラスするメディア

賞金付きスマホゲーム大会が開催できるSDK「RANKERS」10月登場、最大賞金は100万円

ゲームビジネス 開発

賞金付きスマホゲーム大会が開催できるSDK「RANKERS」10月登場、最大賞金は100万円
  • 賞金付きスマホゲーム大会が開催できるSDK「RANKERS」10月登場、最大賞金は100万円
  • 賞金付きスマホゲーム大会が開催できるSDK「RANKERS」10月登場、最大賞金は100万円
カヤックは、スマホ向けゲームアプリの賞金付き大会を開催できる新サービス「RANKERS(ランカーズ)」を2015年10月に提供すると発表しました。

「RANKERS」は、オンライン上で展開されるカジュアルe-sportsサービスです。ユーザーは、登録を行うことにより「RANKERS」対応のゲーム上で賞金付きの大会に無料で挑戦することが可能。なお賞金(※1)は、入賞者もしくは挑戦者の中から抽選で1名に提供されるシステムとのこと。

※1:賞金総額は5000円 ~ 100万円の範囲でデベロッパーの任意で指定可能。


また、「RANKERS」の専用SDK(開発者用キット ※2)も配布が実施。ゲームデベロッパーは専用SDKをゲームアプリに実装することにより、大会に必要な「画面」「アカウント管理」「スコア集計」などを自社で開発することなく追加できます。また、開催大会一覧は「RANKERS」のアプリおよびWebサイト内で紹介されるほか、賞金獲得者への支払いや口座の管理も代行されます。

(※2)開発環境:Unity、Cocos2d-x

なお、デベロッパー向けに、年内に開催する大会分の賞金を「RANKERS」が全額提供するリリース記念キャンペーンが実施されます。


そして、2015年9月17日 ~ 20日に開催されるイベント「東京ゲームショウ2015」の「Lobi出展ブース」において「RANKERS」の紹介が行われる予定となっています。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  2. ナチュラルモーション社の技術がゲームのアニメーション制作を変える

    ナチュラルモーション社の技術がゲームのアニメーション制作を変える

  3. 小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

    小島秀夫氏、「The Game Awards 2016」でIndustry Icon Award受賞へ

  4. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  5. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

  6. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  7. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  8. 品切れ中の「PS VR」一部店舗で追加販売予約はじまる

  9. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  10. ダーク童話ACT『アリス マッドネス リターンズ』のアメリカンマギー、スタジオ閉鎖の噂を払拭

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top