人生にゲームをプラスするメディア

セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

ゲームビジネス その他

アルゼ傘下のセタは、12月24日開催の取締役会にて、会社の解散と清算について決議し、親会社であるアルゼも本件について承認する旨の決議を行ったことを明らかにしました。かつては『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』といったゲームで知られた老舗メーカーですが、約25年の歴史に幕を閉じることになります。

セタは1985年に設立。処女作として同年にファミコン向け『本将棋 内藤九段将棋秘伝』をリリースしたのを皮切りに87年には人気シリーズとなった『スーパーリアル麻雀』シリーズの第一作目を発売しました。技術力のあるメーカーとして知られ、プレイステーションやNINTENDO64で積極的に展開、ネットワークで通信対局ができる『森田将棋64』(N64)やN64互換のアーケード基盤「Aleck64」などを発売しました。

1999年にアルゼの資本参加を受けてからは軸足をゲームソフト開発から遊技機向けの機器製造に移し、ホール向けのカードシステムや紙幣読み取り機などを販売していました。ゲームでは2004年6月に任天堂より発売されたゲームキューブ向け『レジェンドオブゴルファー』が最後の作品となりました。

解散の理由は「経済情勢の悪化により独自での事業継続が困難になったため」としています。2月9日の臨時株主総会で正式に解散が決議される見込みです。近年はゲーム事業を行っていなかったとはいえ、老舗メーカーの解散に寂しい思いをされる方も多いのではないでしょうか?
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  4. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  5. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  6. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  7. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  8. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  9. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  10. 『ポケモンGO』全世界売上高は推定2億ドル―米調査会社が報告

アクセスランキングをもっと見る

page top