人生にゲームをプラスするメディア

スクエニHD、平成28年3月期第1四半期決算を発表 ― 『FFXIV』『ドラクエX』追加ディスク発売で好調維持

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成28年3月期第1四半期決算を発表しました.

◆平成28年3月期第1四半期 連結業績


【期間】平成27年4月1日~平成27年6月30日
※()内%表示は、対前年同四半期増減率

■売上高:422億8200万円(12.0%)
■営業利益:79億1200万円(56.1%)
■経常利益:95億4300万円(96.5%)
■親会社株主に帰属する四半期純利益:59億9900万円(76.0%)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

セグメント別に見ると、ゲームを中心に取り扱うデジタルエンタテインメント・コンテンツ事業では、顧客のライフスタイルにあわせた、家庭用ゲーム機・携帯ゲーム機含む、PC、スマートデバイスなど多様化する利用環境に対応。スマートデバイス・PCブラウザなどをプラットフォームとしたコンテンツにおいて、ブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』やスマートフォンアプリ『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』『スクールガールストライカーズ』『ファイナルファンタジー レコードキーパー』『乖離性ミリオンアーサー』どが引き続き好調に推移しています。

また、多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIV』および『ドラゴンクエストX』の各追加ディスクの販売・運営が好調に推移しました。家庭用ゲーム機向けタイトルでは、新作タイトルの販売が前年同期と比較して減少するも、ダウンロードなどによる過去に発売したタイトルのリピート販売が好調とのこと。

二次的著作物の企画・制作・販売及びライセンス許諾を行っているライツ・プロパティ等事業では、『ファイナルファンタジーXIV』の追加ディスクの発売に伴い、自社コンテンツのキャラクターグッズの販売が増加。また、サウンドトラックなどの販売・許諾を行うとともに、他社の有力コンテンツのキャラクターグッズ化による品揃えの強化や海外展開による収益機会の多様化に努めているとしています。


◆平成28年3月期第1四半期 セグメント別売上高


【期間】平成27年4月1日~平成27年6月30日
※()内はセグメント利益

■デジタルエンタテインメント事業:302億9700万円(81億9100万円)
■アミューズメント事業:84億7500万円(9億4000万円)
■出版事業:26億4800万円(6億5700万円)
■ライツ・プロパティ等事業:11億6400万円(4億2000万円)
■調整額:△3億4400万円(△22億9600万円)
■四半期連結損益計算書計上額:422億8200万円(79億1200万円)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

平成28年3月期は、8月27日発売のニンテンドー3DSソフト『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の発売を皮切りに、スマートフォン・家庭用ゲーム機など多様な環境を巻き込みながら『ドラゴンクエスト』シリーズ30周年に向けたさまざまなコンテンツ配信を予定しています。海外では積極展開されていなかった同シリーズの海外展開も強化される模様で、これらが業績にどのように影響するのかにも注目です。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

    日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  2. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

    任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  3. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

    VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  4. VRコントローラー「Oculus Touch」をどう使う? 違和感ない操作をOculusのエンジニアがアドバイス

  5. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  6. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

  7. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  8. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  9. 【CEDEC 2014】できるゲームクリエイターに共通するただ1つのこと、スクエニ塩川氏が明かす

  10. 【レポート】内田明理、ユークス入社経緯や過去作品について語る…箕星太朗との再タッグの可能性も

アクセスランキングをもっと見る

page top