人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の岩田聡社長が逝去、胆管腫瘍のため

ゲームビジネス 人材

任天堂の岩田聡社長が逝去、胆管腫瘍のため
  • 任天堂の岩田聡社長が逝去、胆管腫瘍のため
任天堂代表取締役社長を務めていた岩田聡氏が2015年7月11日に逝去したことが、同社より発表されました。

岩田聡氏は2014年6月に「軽い胆管腫瘍が見つかった」として手術を行い、同年中に復帰していました。しかし非常に再発率の高い病気であり、逝去の理由も胆管腫瘍のためだったとのこと。

これにより、任天堂の代表者は竹田玄洋氏宮本茂氏の2名の専務取締役となります。日経新聞は後任人事は未定と伝えています。

岩田氏は1959年12月6日、北海道生まれ。東京工業大学を卒業後、HAL研究所にて『星のカービィ』や『MOTHER』などの開発に携わった後、倒産した同社の再建を託され社長に。2000年には任天堂の取締役に就任。2002年には山内溥氏の後任として任天堂の4代目の社長に就任。2013年からは任天堂オブアメリカのCEOも兼任しました。開発者時代は天才プログラマーと呼ばれ、経営者としてもWiiとニンテンドーDSで過去最高益を記録。その後は苦戦が続きましたが、前期は黒字転換を果たしました。
《編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

    昇竜拳で車を労るリュウ!『ストリートファイター II』がトヨタの“C-HR”との特別ムービー公開

  2. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

    ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  3. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

    劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  9. 【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る