人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の岩田聡社長が逝去、胆管腫瘍のため

ゲームビジネス 人材

任天堂の岩田聡社長が逝去、胆管腫瘍のため
  • 任天堂の岩田聡社長が逝去、胆管腫瘍のため
任天堂代表取締役社長を務めていた岩田聡氏が2015年7月11日に逝去したことが、同社より発表されました。

岩田聡氏は2014年6月に「軽い胆管腫瘍が見つかった」として手術を行い、同年中に復帰していました。しかし非常に再発率の高い病気であり、逝去の理由も胆管腫瘍のためだったとのこと。

これにより、任天堂の代表者は竹田玄洋氏宮本茂氏の2名の専務取締役となります。日経新聞は後任人事は未定と伝えています。

岩田氏は1959年12月6日、北海道生まれ。東京工業大学を卒業後、HAL研究所にて『星のカービィ』や『MOTHER』などの開発に携わった後、倒産した同社の再建を託され社長に。2000年には任天堂の取締役に就任。2002年には山内溥氏の後任として任天堂の4代目の社長に就任。2013年からは任天堂オブアメリカのCEOも兼任しました。開発者時代は天才プログラマーと呼ばれ、経営者としてもWiiとニンテンドーDSで過去最高益を記録。その後は苦戦が続きましたが、前期は黒字転換を果たしました。
《編集部》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  2. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  3. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  4. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  5. 【CEDEC 2011】「はやぶさ」ミッションを成功させたイオンエンジン開発物語

  6. 自動LOD生成ミドルウェア「Simplygon」、第5世代をリリース ― 5月にデモツアー

  7. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  8. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  9. 【台北ゲームショウ2016】第二世代の「HTC Vive」を体験!地元デベロッパーの作品もレベル高し!

  10. 【CEDEC 2011】女性視点でのゲーム運営 ― 『農園ホッコリーナ』がモバゲー女性ランキング1位になった理由

アクセスランキングをもっと見る

page top