人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2015】ソニー、マイクロソフト、E3のカンファレンスで何を言うべきか? IHSが分析

ゲームビジネス その他

ソニー、マイクロソフト、E3のカンファレンスで何を言うべきか?
  • ソニー、マイクロソフト、E3のカンファレンスで何を言うべきか?
  • IHS Technologyによる2019年までのPS4とXbox Oneの売上推移予測
調査会社のIHS Technologyは、マイクロソフト(日本時間16日1時30分から)、ソニー(日本時間16日10時から)がそれぞれE3に合わせたプレスカンファレンスを実施するのを前に、両社はどのようなメッセージを世界に届ければ良いのか? という分析を公表しました。

IHSは2015年末の現行世代の家庭用ゲーム機の販売台数について、PS4が3400万台、Xbox Oneが2000万台、Wii Uが1400万台と予測。特にマイクロソフトは西ヨーロッパ(Westen Europe)で勢いを失っていて、家庭用ゲーム機のシェアで西ヨーロッパではソニーが62%を確保している一方、マイクロソフトは26%、任天堂は12%に留まっていると指摘しています。

そのことからマイクロソフトは特に現状を変えるような力強いメッセージを打ち出すべきと指摘。IHSは、Xbox360ユーザーがPS4に乗り換える状況が続いているとして、アーリーアダプターではない一般のゲーマーがXbox Oneに乗り換えるような強力なゲームのラインナップ(ファーストパーティ、セカンドパーティラインナップはXbox Oneが勝ると同社は指摘)を中心に訴求する必要があると解いています。

一方でソニーは難しい局面にあるとIHSはコメント。PS4は発売以降、ゲーマーから良好な評価を受け、販売台数を伸ばしてきました。しかし、更なる普及を見込めば、ゲーム以外のコンテンツやエンターテイメントサービスを打ち出して支持層の拡大を図る必要があると指摘。しかし、それはゲーマーを中心軸にするであろうマイクロソフトと比較され、ゲーマーから不評を買ってしまう可能性があり、ハンドリングが難しい問題だとしています。

これから始まる二社のプレスカンファレンス。どのようなメッセージが打ち出されるのか、16日1時30分からのマイクロソフト、同10時からのソニーの発表に注目が集まります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  5. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  6. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  7. PS VR専用FPS『RIGS』メディアセッションーロボの種類や対戦モードも

  8. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  9. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  10. 新型PS4とVRを軸にしたソニーの戦略―「2016 PlayStation Press Conference in Japan」レポート

アクセスランキングをもっと見る

page top