人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2015】ソニー、マイクロソフト、E3のカンファレンスで何を言うべきか? IHSが分析

ゲームビジネス その他

ソニー、マイクロソフト、E3のカンファレンスで何を言うべきか?
  • ソニー、マイクロソフト、E3のカンファレンスで何を言うべきか?
  • IHS Technologyによる2019年までのPS4とXbox Oneの売上推移予測
調査会社のIHS Technologyは、マイクロソフト(日本時間16日1時30分から)、ソニー(日本時間16日10時から)がそれぞれE3に合わせたプレスカンファレンスを実施するのを前に、両社はどのようなメッセージを世界に届ければ良いのか? という分析を公表しました。

IHSは2015年末の現行世代の家庭用ゲーム機の販売台数について、PS4が3400万台、Xbox Oneが2000万台、Wii Uが1400万台と予測。特にマイクロソフトは西ヨーロッパ(Westen Europe)で勢いを失っていて、家庭用ゲーム機のシェアで西ヨーロッパではソニーが62%を確保している一方、マイクロソフトは26%、任天堂は12%に留まっていると指摘しています。

そのことからマイクロソフトは特に現状を変えるような力強いメッセージを打ち出すべきと指摘。IHSは、Xbox360ユーザーがPS4に乗り換える状況が続いているとして、アーリーアダプターではない一般のゲーマーがXbox Oneに乗り換えるような強力なゲームのラインナップ(ファーストパーティ、セカンドパーティラインナップはXbox Oneが勝ると同社は指摘)を中心に訴求する必要があると解いています。

一方でソニーは難しい局面にあるとIHSはコメント。PS4は発売以降、ゲーマーから良好な評価を受け、販売台数を伸ばしてきました。しかし、更なる普及を見込めば、ゲーム以外のコンテンツやエンターテイメントサービスを打ち出して支持層の拡大を図る必要があると指摘。しかし、それはゲーマーを中心軸にするであろうマイクロソフトと比較され、ゲーマーから不評を買ってしまう可能性があり、ハンドリングが難しい問題だとしています。

これから始まる二社のプレスカンファレンス。どのようなメッセージが打ち出されるのか、16日1時30分からのマイクロソフト、同10時からのソニーの発表に注目が集まります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

    インディーゲームの祭典「BitSummit」出展エントリーの延長が決定、1月31日までに

  3. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

    横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  4. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  7. 『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

  8. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  9. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  10. 【レポート】Cygames、エンジニア採用セミナーで最前線の開発環境や取り組み語る

アクセスランキングをもっと見る