最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【日々気まぐレポ】第82回 持ち運びに便利!「amiibo ポーチ」は安心の任天堂ライセンス仕様

【日々気まぐレポ】第82回 持ち運びに便利!「amiibo ポーチ」は安心の任天堂ライセンス仕様

2015年1月25日(日) 20時00分
  • amiibo ポーチの画像
    amiibo ポーチ
  • もちろん任天堂のライセンス商品の画像
    もちろん任天堂のライセンス商品
  • 収納スペースは3つ分の画像
    収納スペースは3つ分
  • 意外に広々と入りますの画像
    意外に広々と入ります

インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる「ほぼ」隔週連載「日々気まぐレポ」、第82回目でございます。

なにやら「amiibo」が驚異的な売上げを見せているようで、皆さんの中にも、もう既に何体か買って遊んでいるよ、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。かくいう筆者も発売日買いしてしまいましたよ。

『マリオカート8』ほか任天堂のゲームのみならず、『ワンピース 超グランドバトル!X』や『エースコンバット3D クロスランブル+』などゲームジャンルを問わず幅広い遊びを提供してくれるamiibo。いまやこのハイテクフィギュアはすっかり定番アイテムになりました。

第1弾として展開されているのが『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/for Wii U』シリーズということもあって、「マリオ」「リンク」「ピカチュウ」といったお馴染みのキャラクターから、「キャプテン・ファルコン」「シュルク」「ルキナ」など今までにあまり立体化のチャンスに恵まれなかったキャラクターが商品化されているというのが実に嬉しいですね。ゲームソフトとの連動がキモのアイテムですが、単なるコレクションとしても、このラインナップには唸るものがあります。

その一方で、ファイター以外の立体化が難しいのでは、という声もありましたが、『スマブラfor 3DS/Wii U』以外の初のタイトルとして『スーパーマリオブラザーズ』シリーズの商品化が発表されるなど、今後は各タイトルの細かいサブキャラクターのラインナップにも期待できそうです。

そして増えていく収蔵数。友達の家に持ち寄る際に嵩張るamiibo達……。と、いうわけで今回は大手ゲーム機周辺機器メーカーのHORIから発売されています「amiibo ポーチ」をご紹介。こちら、amiibo専用として発売されている収納ポーチで、任天堂の正規ライセンス商品となっています。

本体は、やや大きめのカメラケースの様な見た目で、開閉は出し入れが簡単なダブルファスナー仕様。正面には「amiibo」の公式ロゴと『スマブラfor 3DS/Wii U』に参戦するファイター達のamiiboのシルエットがあしらわれています。中を開けると起毛素材の収納スペースが広がっています。この素材はソフトな手触りで、中に収納したamiiboを優しく保護、持ち運びする際にも傷つきにくい仕様になっています。

収納スペースはamiiboを3体分しまうことが出来るように間仕切られていいます。間仕切りの位置は割と自由が効くので多少場所を広く取るamiiboでも十分に対応することが出来ます。また、本ポーチはamiibo専用ですが要は単なるイレモノなので、友達の家にコントローラーごと持っていく、といった使い方も可能ですね。

遊び終わったら片付ける普段の収納先としてはもちろん、普段は飾っているという人も、いざ友達の家で遊ぶのに持ち運ぶ時などに是非使用してみてください。

「amiibo ポーチ」は好評発売中。価格は1,380円です。

(C) Nintendo


■筆者紹介:ひびき
ゲームやアニメが大好きな駆け出しライター。
フィギュア収集癖はそこそこ。
借家かつ実家というコレクターには
ややきつい条件ながら整理に奮闘中。
それにしても引っ越しの時どうすんだ、これ。

Twitter:@hibiki_magurepo

(Article written by ひびき)

任天堂アクセスランキング