人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、新たに2件の特許訴訟で勝訴 「積極的に戦う」とコメント

任天堂 Wii U

任天堂は、ゲーム機を巡る2件の訴訟で勝訴したと発表しました。

1件目は、Creative Kingdomsが米国際貿易委員会(ITC)に対してWiiとWii Uの輸入差し止めを求めていた件。ITCは2013年にCreative Kingdomsの主張を退けましたが、同社はこれを不服として連邦巡回区控訴裁判所に控訴していました。しかし同裁判所はITCを支持する決定を示しました。

2件目は、UltimatePointer, LLC.がWiiに特許を侵害されたとして提訴していた件。シアトルの連邦地方裁判所のRobert S. Lasnik判事は、2件の特許について任天堂による侵害は認められないと判断。またその他の特許については申し立て自体が無効であると述べました。

任天堂オブアメリカの上級副社長兼法律顧問のRichard Medway氏は2件目の訴訟に関し、「最初から最後まで任天堂の主張を認めた決定を歓迎します。この決定は再び、任天堂が多くのリソースを必要としたとしても、様々な特許訴訟から積極的に我々の"イノベーション"を守る姿勢を明確にするものです」とコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

    【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  5. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  6. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  7. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  10. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

アクセスランキングをもっと見る

page top