人生にゲームをプラスするメディア

ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献

ゲームビジネス 開発

ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
  • ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
  • ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
CRI・ミドルウェアは、ミドルウェア製品のブランド「CRIWARE(シーアールアイウェア)」が、MMO FPS『Destiny』に採用されたと発表しました。

PlayStation 4/3(海外ではXbox One/360も対応)『Destiny』は、『Halo』シリーズで知られるBungie社が開発する多人数同時参加型オンラインFPSです。今回「CRIWARE」は、高画質・高機能ムービー再生ミドルウェアとしてムービーシーンの高画質再生を実現し、『Destiny』がこだわる映像美をサポートしています。

「CRIWARE」のゲーム開発に最適化した独自のコーデックとエンコード技術で、通常ではつぶれやすい細かい線や砂塵などの表現までクリアな再生を実現しています。また、1本のムービーに複数の音声と字幕を持たせることができるマルチリンガル機能で、データ容量を抑えた複数言語対応を実現。更に、プラットフォーム共通の再生プログラムにより、マルチプラットフォーム開発の効率化にも貢献したとのこと。

なお、Bungie社『Destiny』プロデューサーからのコメントも公開されています。

「我々 Bungie社はこれから発売されるタイトル “Destiny” において、ミドルウェア “CRI Movie(Sofdec2海外版)” を採用することを嬉しく思います。CRI Movieを使用することによって複数のプラットフォーム上でディスク容量や圧縮率と戦うことなくDestinyにおける美しい高解像度のムービーを収めることができました。CRI・ミドルウェア社は、我々のタイトル開発ワークフローにおけるいくつかの重要な機能追加を行うために一緒に働いてくれました。サンフランシスコオフィスと日本オフィスのCRIのチームは素晴らしいテクニカルサポートを行ってくれたことも付け加えます。」
-Bungie Inc. “Destiny” プロデューサー


(c)2014 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Published and distributed by Sony Computer Entertainment Inc. in association with Activision.
※「PlayStation」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標または商標です。
※「Xbox 360」、Xbox 関連ロゴは米国 Microsoft Corporationおよび/またはその関連会社の商標です。
※CRI・ミドルウェア、CRI・ミドルウェアロゴ、「CRIWARE」、「CRI Sofdec」「CRI MOVIE」は、日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの商標または登録商標です。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

    【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  2. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

    【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  3. 【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡

    【台北ゲームショウ2016】モンストとのコラボも好調、台湾ナンバーワンを独走する『神魔之塔』の軌跡

  4. 美少女が教えてくれる「Java講座」が無料公開、ボイスは上間江望

  5. カプコン人気クリエイターが語る『モンスターハンタークロス』流ゲーム開発術

  6. インディー向けイベント「クソゲー供養会 2016」7月2日開催、制作ゲームに込めた思いを発表・観覧できる

  7. ウェブからネイティブへ、2Dから3Dへ―――gumiの新作タイトル『ファントムオブキル』、Mayaでの挑戦・・・第4回「3Dモバイルゲーム新時代」

  8. 爆乳プロデューサーによる新展開か?高木Pが何かの主題歌をこっそり一部公開

  9. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  10. 新年あけましておめでとうございます

アクセスランキングをもっと見る

page top