人生にゲームをプラスするメディア

Wii Uバーチャルコンソール7月2日配信タイトル ― 『がんばれゴエモン!からくり道中』『クインティ』の2本

任天堂 Wii U

がんばれゴエモン!からくり道中
  • がんばれゴエモン!からくり道中
  • 人気アクション『ゴエモン』シリーズ第1作
  • クインティ
  • ゲームフリーク処女作にして伝説の名作アクション
任天堂は、7月2日よりWii Uバーチャルコンソールで配信するラインナップを公開しました。

7月2日よりニンテンドーeショップにて配信開始となるWii Uバーチャルコンソールタイトルは、ファミコンソフト『がんばれゴエモン!からくり道中』『クインティ』の2作品です。『クインティ』は、Wiiおよびニンテンドー3DSを含めて、初めてバーチャルコンソール化が実現しました。


◆がんばれゴエモン!からくり道中


配信予定日:2014年7月2日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1986年7月30日
発売元:KONAMI
ジャンル:アクション

『がんばれゴエモン!からくり道中』は、1986年にKONAMIより発売されたアクションゲームで、『ゴエモン』シリーズの第1作にあたります(これ以前にアーケードに登場した『Mr.五右衛門』から受け継いだ要素も多く、こちらをシリーズ第1作と呼ぶ場合もあります)。時代劇のような世界観や音楽、味のあるキャラクターたちが非常に印象的で、庶民たちの暮らしを取り戻すために、プレイヤーである義賊「ゴエモン」が全国各地の大名を懲らしめるために立ち上がります。

アイテムによって、飛び道具が使えるよう「ゴエモン」をパワーアップさせれば、遠くにいる敵も攻撃可能。道中のお店で手に入る回復アイテムなども活用しながら、さまざまな敵が襲ってくる100以上のステージクリアを目指しましょう。

(C)Konami Digital Entertainment


◆クインティ


配信予定日:2014年7月2日
価格:514円(税込)

オリジナル版ハード:ファミコン
オリジナル版発売日:1989年6月27日
発売元:ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)
ジャンル:アクション

『クインティ』は、1989年にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より発売されたアクションゲームです。開発は後に『ポケットモンスター』シリーズなどを制作するゲームフリークによるもので、本作がゲームフリークとしての初のゲーム作品でもあります。人形の国を舞台に、主人公「カートン」が、妹「クインティ」らに誘拐されてしまった恋人「ジェニー」を取り戻すために立ち上がります。

パネルの床が並んでいるステージ画面に敵キャラクターが存在します。パネルをめくって敵を転ばせ、壁にぶつけて倒しましょう。画面内のすべての敵を倒せばステージクリアとなります。ステージによって敵の動きなどの特徴が異なるので、それをうまく判別することが攻略のポイントです。また、特殊な効果を持ったアイテムパネルを使えば有利にステージをクリアすることができます。

(C)1989 GAME FREAK Inc. (C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』効果で3DSがハードウェア首位、ソフトは『GTA V』が返り咲き―2016年7月の米国セールスデータ

    『ポケモンGO』効果で3DSがハードウェア首位、ソフトは『GTA V』が返り咲き―2016年7月の米国セールスデータ

  2. カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

    カプコンの新作3DSソフトは「Suica」など交通系ICカードと連動! 乗車履歴でキャラとコミュニケーション

  3. 土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

    土管から「安倍マリオ」登場!?リオ五輪閉会式で安倍総理がマリオに扮する

  4. 『ポケモンGO』不正行為への対応が開始、不正・悪用ユーザーにはアカウント停止処置

  5. 海外レビューひとまとめ『メトロイドプライム フェデレーションフォース』

  6. 『ポケモン サン・ムーン』新ポケモン「マケンカニ」登場!強力パンチで「てっぺん」を目指す

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. Amazon、3DS本体を9,999円で販売! 1日限りの特別価格

  9. スマホアプリ版『どうぶつの森』『ファイアーエムブレム』の方向性が明らかに…「家庭用版と連携」「SRPGとして遊べるもの」

  10. 『ポケモンGO』アプデで「かくれているポケモン」機能が登場、バッテリーセーバーが復活したほかバグ修正も

アクセスランキングをもっと見る

page top