人生にゲームをプラスするメディア

記野直子の『最新北米ゲーム市場分析』 ― 2014年3月号

ゲームビジネス 市場

記野直子の『最新北米ゲーム市場分析』 ― 2014年3月号
  • 記野直子の『最新北米ゲーム市場分析』 ― 2014年3月号
  • 記野直子の『最新北米ゲーム市場分析』 ― 2014年3月号
  • 記野直子の『最新北米ゲーム市場分析』 ― 2014年3月号

こんにちは。 4月中旬になってしまいましたが、ようやくNPDから3月の北米小売市場の情報が入りました。PlayStation 4とXbox One、それぞれのハード専用タイトル(XboxOneはEAの『Titanfall』、PS4はソニーの『InFamous: Second Son』)が発売になったこの月の注目の結果が出ました!


■市場全体動向

新ハードで盛り上がる市場状況です! 3月度の市場規模は10億300万ドル(約1,050億円)と前年比3%アップ、ハードウェア売上では3億9,500万ドル(約400億円)でなんと前年比78%アップ。その他周辺機器もがんばって4%アップ。ソフトウェアのみ前年比28%ダウンで4億3,200万ドル(約440億円)。ソフトウェアは次世代機向けタイトル不足とのこと、日本勢も含め新発売タイトルの増加が待たれます。


■ハード動向

PlayStation 4が全世界で700万台超売り上げたとの発表がありました。専用ソフトウェアの売上も好調で2,050万本を達成したそうです。装着率(ハード1台当たりのソフトウェア購入比率)は約3本ということになりますが、Xbox Oneの推定販売台数が420万台(マイクロソフトは500万台“出荷”を発表している)、専用ソフトが1,200万本ということでしたので、新ハードの装着率はPlayStation 4、Xbox Oneともに3月末でほぼ3本。新ハードは旧ハードのPS3/Xbox 360ローンチ時の2倍以上のスピードで売上を伸ばしているそうです。

2014年になってから北米市場ではPlayStation 4が3カ月連続で一番売れているハードとなったようです。全世界で見ると発売テリトリ数が下回っていることも影響してXbox OneはPS4に280万台ほど水をあけられています。ただし、北米単体で見ると両社ともインストールベースは300万台前後と拮抗している状況も確かです。GDCでの「プロジェクト・モーフィアス」でもイケてる感満載だったソニー。そのイケてるソニーのPlayStation 4がこのままブッチ切って進んでいくのか、Xbox Oneが逆転を狙って値下げなどの方策を打ってくるのか、E3まで注目していきたいですね。

旧ハードとなってしまったXbox 360やPlayStation 3も急激に販売台数を落としているわけではありません。Namco Bandai Games(4月からは日本と同じBandai Namco Gamesとなりました!)の『Dark Souls II』(日本ではフロムソフトウェアが発売)を始め魅力的なラインナップが新ハードを上回る数で発売されていることや、新ハード独占ではなく旧ハードも含めたマルチプラットフォーム(ハイブリッド)展開をしているタイトルも少なくないため、値下げされた旧ハードはまだまだ魅力的なのです。

北米では、せっかくユーザーが次世代機に移行したいのに発売される次世代機向けタイトル数が少ないのが問題になっているそうです。年が明けてからPS4やXbox One向けよりもPS3/Xbox 360向けの新発売タイトル数がダントツで多いのがわかります。今回の新ハード競争の様子を見すぎてソフトメーカーは勝負に出なかったため、ハード発売から6か月も経過しているのに、ソフトが発売まで至っていないと言われています。旧ハードのサポートが続いているのはこのソフトタイトル不足も大きな理由なのです。

■ソフト動向

さて、次は注目のソフトウェアランキングです。


1. Titanfall (PC/X1) - Electronic Arts
2. InFamous Second Son (PS4) - Sony Computer Entertainment
3. South Park: The Stick Of Truth (PC/PS3/X360) - Ubisoft
4. Call of Duty: Ghosts (PC/PS3/PS4/X360/X1/Wii U) - Activision Blizzard
5. Dark Souls II (PS3/360) - Namco Bandai Games
6. Metal Gear Solid V: Ground Zeroes (PS3/PS4/X360/X1/) - Konami
7. NBA 2K14 (PC/PS3/PS4/X360/X1) - 2K Games
8. Final Fantasy X/X-2 HD Remaster (PS3/PSV) - Square Enix
9. The Lego Movie Videogame (PS3/PS4/X360/X1/Wii U/PSV/3DS) - Warner Bros. Interactive
10. Minecraft (X360) - Microsoft


ハードはPlayStation 4が1位なのに、ソフトはXbox One向けが勝利。今の段階ではどちらも100万本超えしていますが『Titanfall』がSCEの『InFamous: Second Son』にダントツの差をつけた!というまでは至っていません。また、『Titanfall』はXbox 360版も出ているので厳密にはXbox Oneのエクスクルーシブタイトルとは言い切れませんが、新ハードを持っている人の3分の1はこの2タイトルのどちらかを買っていることになります。

余談ですが、新ハードローンチ時にユーザーは新しいハードの魅力を感じられるタイトルを購入する傾向にあり、そのタイミングを狙ってソフトメーカーは新規オリジナルIPを立ち上げることが多かったのですが、前ハードくらいからハードローンチ時に新規IPに打ち出すリスクが取りにくくなっており(開発費が高騰しているからです)、大型IPの続編が多くなってきました。むしろ新規IPは開発にこなれてきたハードのライフサイクル中盤で発売することもよくみられるようになりました。そういった意味ではオリジナルIPである『Titanfall』はPC版に加えてXbox 360版も発売するという「ハイブリッド」によるリスクヘッジをしています。

それにしても3月の日本勢は頑張りました! 10タイトル中3タイトルが日本発なのは正直うれしいです。新ハード向けではないにも関わらず『Dark Souls II』と『Final Fantasy X/X-2 HD Remaster』が健闘しています。やはり日本発IPとクオリティはまだまだ強い。さらに日本パブリッシャー勢唯一の新ハード参入を果たしたコナミの『Metal Gear Solid V: Ground Zeroes』には純粋に拍手を送りたいところです。


■ Amazonの「Fire TV」がゲーム市場に参戦

最後にひとつ触れたいのが4月初旬にアマゾンが発表したFire TV。99ドル(税抜約10,000円)です。残念ながら日本の発売は未定です。2GBのRAMを積んでいるストリーミング専用のセットトップボックスのFire TVはクラウドベースのゲームもプレイ可能で、ゲーム用のコントローラは別売りで40ドルとなっています。

Fire TVの発表に先駆けてアマゾンはカリフォルニア州オレンジカウンティにあるDouble Helixというゲーム会社を買収しています。このDouble Helixは合併により大きくなったのですが、もともとShiny Entertainmentというコンソール/PCゲームソフト開発の老舗で、日本に馴染みがあるところで言うとコナミの『Silent Hill: Homecoming』やスクウェア・エニックスの『Front Mission Evolved』の開発会社。アマゾンの本気度も伺えます。

アマゾンは「ゲームコンソールの競合となるものではない」とコメントしているようですが、今やゲームプラットフォームとして確立された「スマホ」や「タブレット」もコンソールではありません。日本ではまだ発売されないということが日本の業界として参入遅れを招かないか心配な今日この頃です。


■著者紹介
記野直子
カイオス株式会社 代表取締役
青山学院大学文学部卒業。日産自動車株式会社を経て、ゲーム好きが高じゲーム業界へ転身。コナミ株式会社、株式会社バンダイ、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントにてゲームソフトの海外展開、ゲームソフト発キャラクター展開などに従事。2007年よりカイオス株式会社代表。

 
《記野直子》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  2. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

    【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  5. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  6. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  7. マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究、今夏オープンソースで公開予定

  8. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  9. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  10. 東アジアにおけるスマートフォンゲーム市場動向調査の結果発表、市場構成比は日本が約6割

アクセスランキングをもっと見る