人生にゲームをプラスするメディア

パズドラを越えられるのはガンホーだけ ― 今後の成長戦略は「パズドラに新ゲーム」「新作投入」「世界同時配信タイトル開発」

ゲームビジネス その他

ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  • 『パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-』
  • 『サモンズボード』ロゴ
  • 「スーパーセル」ロゴマーク
過去最高売上最高益を達成したガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下ガンホー)は、2013年12月期決算説明会資料を公開し、今後の展開を明かしました。

既にお伝えしているとおり、ガンホーの平成25年12月期決算は、売上高1630億6000万円(前年同期比 531.5%増)、営業利益912億2800万円(前年同期比 881.1%増)、経常利益901億400万円(前年同期比 863.1%増)、純利益547億6800万円(前年同期比 567.1%増)であり、全世界ゲーム売上ランキング・全世界パブリッシャー別売上ランキング共に1位となっています。

そんなガンホーの今後の成長戦略として、同社代表取締役社長CEO兼エグゼクティブ プロデューサーである森下一喜氏は、カズノミクスと題して3つの戦略を説明しています。

◆既存価値の最大化

昨年発売した『パズドラZ』や、今春稼動予定のアーケードゲーム『パズドラ バトルトーナメント -ラズール王国とマドロミドラゴン-』、公式グッズといった『パズル&ドラゴンズ』IPを使った展開を進め、『パズル&ドラゴンズ』自体にも新ゲームを追加すると発表しました。

◆新規価値の創造

新作ゲーム『サモンズボード』を投入すると発表しました。

◆海外展開の強化

昨年買収したスーパーセルの活用と海外支社の連携強化により、世界同時配信タイトルの開発を進めると発表しました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

そしてガンホーは、「本質=面白いゲーム開発」とし、「パズドラを創ったガンホーこそパズドラを越えられる。オリジナルしかオリジナルを越えられない。」と締めくくりました。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  2. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 【OGC2014】激動のソーシャルゲーム業界で変わったこと、変わらないこと~gumi West、今泉氏が語るふりかえり

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  9. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

  10. 【ベルセルク~快進撃!怒涛の傭兵団~攻略】「傭兵シナリオ」を紐解き傭兵たちの能力を開眼させよ!「武術演習」では自ら鍛えた傭兵団の実力が試される(中編)

アクセスランキングをもっと見る