人生にゲームをプラスするメディア

【Game of the Year 2013】オンラインゲーム部門は『艦隊これくしょん~艦これ~』

その他 全般

【Game of the Year 2013】オンラインゲーム部門は『艦隊これくしょん~艦これ~』
  • 【Game of the Year 2013】オンラインゲーム部門は『艦隊これくしょん~艦これ~』
  • 【Game of the Year 2013】オンラインゲーム部門は『艦隊これくしょん~艦これ~』
インサイド/Game*Sparkでは、2013年に発売されたゲームの中から、沢山のゲームに触れている編集者、ライター一同で選ぶベストゲームを「INSIDE / Game*Spark presents Game of the Year 2013」として表彰します。表彰はプラットフォーム別に行い、最も支持を集めたゲームを大賞、それに続く5タイトルを次点として発表します。



オンラインゲーム部門(ブラウザゲームを含む)では社会現象にもなりつつある、『艦隊これくしょん~艦これ~』(DMM.com / KADOKAWA)が編集者、ライター陣からも強い支持を集めてGame of the Year 2013に輝きました。

『艦隊これくしょん~艦これ~』は駆逐艦や軽巡洋艦、重巡洋艦など擬人化された100隻以上の「艦娘(かんむす)」たちを編成、育成、強化しながら、無敵連合艦隊を築き上げていくゲームです。リリース当初から熱狂的なファンが生まれ、今年後半にはキャラクターグッズも多数登場。ユーザーが殺到し、未だに新規登録に制限がかかっているという異例の展開となっています。

■投票者のコメント

「ゲームシステムや緩めの課金制度もさることながら、運営の対応など好評価な点がたくさんあった印象。TwitterなどのSNSが一体となった盛り上がりっぷりからも今年を代表する1作品であったように思う。声優陣が豪華なのもポイント高し。」(ひびき)

「第二次世界大戦の艦船を可愛い女の子に擬人化するという、ありそうでなかったモノをテーマにした作品。あらゆる二次創作文化に新たなネタを提供し、ブームがどんどん拡大していった。ゲームの作りに開発者の艦船への愛が感じられる。」(水京)

■次点

惜しくも表彰には至らなかったものの多くの票を集めたタイトルを次点として以下に紹介します。

・League of Legends (Riot Games)
・World of Tanks (ウォーゲーミングジャパン)
・ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア (スクウェア・エニックス)
・ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン (スクウェア・エニックス)
・Path of Exile (Grinding Gear Games)

皆さんの今年のベストゲームもTwitterなどで聞かせてくださいね。
《土本学》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

    【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  2. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

    「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  3. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

    【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

  4. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  5. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  6. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  7. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  8. 『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

  9. デジモンテイマーズ「サクヤモン」フィギュアが登場! メタリックな質感や曲線美にこだわった一品に

  10. 「売れるためのUI/UX」とは―『オルガル』『戦国炎舞』などを手掛けたサイバーエージェントのセミナーが実施

アクセスランキングをもっと見る