人生にゲームをプラスするメディア

【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』

その他 全般

【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
  • 【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
  • 【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
インサイド/Game*Sparkでは、2013年に発売されたゲームの中から、沢山のゲームに触れている編集者、ライター一同で選ぶベストゲームを「INSIDE / Game*Spark presents Game of the Year 2013」として表彰します。表彰はプラットフォーム別に行い、最も支持を集めたゲームを大賞、それに続く5タイトルを次点として発表します。



マルチプレイアクションの良作が多数発売されて活気づいてきたPlayStation Vita。Game of the Year 2013に輝いたのは、コーエーテクモの新作ハンティングアクション『討鬼伝』でした。

『討鬼伝』は和と歴史に彩られた世界で、鬼を討伐する組織「モノノフ(鬼ノ府)」の新米モノノフとなって巨大な鬼を討伐していくハンティングアクション。強大な鬼は新人だけの手におえるものではありません。経験豊かなモノノフたちの力を借り、友達の力を借り、最大4人で立ち向かっていきます。

■投票者のコメント

「初配信の体験版からユーザー意見を取り入れての、製品版の変貌ぶりは「ωフォース恐るべし…」と驚愕でした。『無双』シリーズに並ぶ、コーエーテクモゲームスの新たな看板タイトル誕生といっても過言ではないと思います。」(Ten-Four)

「小学生ぶりに、人と集まってゲームを遊ぶ楽しさを思い出させてくれた作品。逃れることの出来ない『無双』シリーズの影を見事に振り払い、『討鬼伝』という作品をしっかりユーザーに刻みつけることに成功したのではないだろうか。コーエーテクモゲームスの新たな看板作品として、今後の展開にも期待したい。」(デビル宮崎)

■次点

惜しくも表彰には至らなかったものの多くの票を集めたタイトルを次点として以下に紹介します。

・KILLZONE: MERCENARY (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・テラウェイ (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・ソウルサクリファイス (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・GOD EATER 2 (バンダイナムコゲームス)
・Urban Trial Freestyle (TateMultimedia)

豊作だったPS Vitaの2013年。来年はどんな年になるでしょうか。
《土本学》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』のプレイに便利なウェアラブルディスプレイ「Vufine」、ポケモンカラー(?)なバリエーションが登場

    『ポケモンGO』のプレイに便利なウェアラブルディスプレイ「Vufine」、ポケモンカラー(?)なバリエーションが登場

  2. 『艦これアーケード』藤田咲プレイムービー第3弾が公開、藤田艦隊(?)が新海域で大暴れ!

    『艦これアーケード』藤田咲プレイムービー第3弾が公開、藤田艦隊(?)が新海域で大暴れ!

  3. TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

    TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

  4. 『艦これ』公式飲食施設「酒保伊良湖」が7月28日オープン!島風モチーフの限定メニューも

  5. 「ジョジョ」4部、吉良吉影役は森川智之…仙台にOWSONが期間限定オープン

  6. 米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140

  7. アニメ版「チェンクロ」、TV放送に先駆け3ヶ月連続の劇場公開が決定!

  8. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  9. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  10. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』レアポケモンを求め多くのトレーナーが江ノ島へ、各チームリーダーのビジュアル公開、相模湾ポケモン生態調査…など(7/25)

アクセスランキングをもっと見る

page top