人生にゲームをプラスするメディア

【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』

その他 全般

【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
  • 【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
  • 【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
インサイド/Game*Sparkでは、2013年に発売されたゲームの中から、沢山のゲームに触れている編集者、ライター一同で選ぶベストゲームを「INSIDE / Game*Spark presents Game of the Year 2013」として表彰します。表彰はプラットフォーム別に行い、最も支持を集めたゲームを大賞、それに続く5タイトルを次点として発表します。



マルチプレイアクションの良作が多数発売されて活気づいてきたPlayStation Vita。Game of the Year 2013に輝いたのは、コーエーテクモの新作ハンティングアクション『討鬼伝』でした。

『討鬼伝』は和と歴史に彩られた世界で、鬼を討伐する組織「モノノフ(鬼ノ府)」の新米モノノフとなって巨大な鬼を討伐していくハンティングアクション。強大な鬼は新人だけの手におえるものではありません。経験豊かなモノノフたちの力を借り、友達の力を借り、最大4人で立ち向かっていきます。

■投票者のコメント

「初配信の体験版からユーザー意見を取り入れての、製品版の変貌ぶりは「ωフォース恐るべし…」と驚愕でした。『無双』シリーズに並ぶ、コーエーテクモゲームスの新たな看板タイトル誕生といっても過言ではないと思います。」(Ten-Four)

「小学生ぶりに、人と集まってゲームを遊ぶ楽しさを思い出させてくれた作品。逃れることの出来ない『無双』シリーズの影を見事に振り払い、『討鬼伝』という作品をしっかりユーザーに刻みつけることに成功したのではないだろうか。コーエーテクモゲームスの新たな看板作品として、今後の展開にも期待したい。」(デビル宮崎)

■次点

惜しくも表彰には至らなかったものの多くの票を集めたタイトルを次点として以下に紹介します。

・KILLZONE: MERCENARY (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・テラウェイ (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・ソウルサクリファイス (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・GOD EATER 2 (バンダイナムコゲームス)
・Urban Trial Freestyle (TateMultimedia)

豊作だったPS Vitaの2013年。来年はどんな年になるでしょうか。
《土本学》

特集

その他 アクセスランキング

  1. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

    リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  2. コーエーテクモゲームス、TGS2016物販ブースに出展…『DOA Xtreme 3』“どんけつマウスパッド”がインパクトあり過ぎ

    コーエーテクモゲームス、TGS2016物販ブースに出展…『DOA Xtreme 3』“どんけつマウスパッド”がインパクトあり過ぎ

  3. 【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド

    【攻略特集】『シャドウバース』基本ルール&初心者向け「エルフ」プレイガイド

  4. バルタン星人やアッガイの“腕”がクッションに!「ひとやすみ腕枕クッションシリーズ」第1弾予約開始

  5. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  6. 【昨日のまとめ】100万経験値獲得挑戦中の『ポケモンGO』ユーザーがBAN、『ポケモンGO』アップデート実施、『オーバーウォッチ』新マップに『DARK SOULS』シリーズおなじみのアレが…など(8/23)

  7. 映画「アサシン クリード」予告編が公開…アサシンたちの流麗なアクションを見よ

  8. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  9. 『鉄拳7FR』と『太鼓の達人』がコラボ、鉄拳キャラが“立つドン”Tシャツを身に纏う!?

  10. 【アナログゲーム決死圏】第4回:ミニチュアゲームの始め方…体験方法からオススメのタイトルまで

アクセスランキングをもっと見る

page top