人生にゲームをプラスするメディア

【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』

その他 全般

【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
  • 【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
  • 【Game of the Year 2013】PlayStation Vita部門はコーエーテクモの新作『討鬼伝』
インサイド/Game*Sparkでは、2013年に発売されたゲームの中から、沢山のゲームに触れている編集者、ライター一同で選ぶベストゲームを「INSIDE / Game*Spark presents Game of the Year 2013」として表彰します。表彰はプラットフォーム別に行い、最も支持を集めたゲームを大賞、それに続く5タイトルを次点として発表します。



マルチプレイアクションの良作が多数発売されて活気づいてきたPlayStation Vita。Game of the Year 2013に輝いたのは、コーエーテクモの新作ハンティングアクション『討鬼伝』でした。

『討鬼伝』は和と歴史に彩られた世界で、鬼を討伐する組織「モノノフ(鬼ノ府)」の新米モノノフとなって巨大な鬼を討伐していくハンティングアクション。強大な鬼は新人だけの手におえるものではありません。経験豊かなモノノフたちの力を借り、友達の力を借り、最大4人で立ち向かっていきます。

■投票者のコメント

「初配信の体験版からユーザー意見を取り入れての、製品版の変貌ぶりは「ωフォース恐るべし…」と驚愕でした。『無双』シリーズに並ぶ、コーエーテクモゲームスの新たな看板タイトル誕生といっても過言ではないと思います。」(Ten-Four)

「小学生ぶりに、人と集まってゲームを遊ぶ楽しさを思い出させてくれた作品。逃れることの出来ない『無双』シリーズの影を見事に振り払い、『討鬼伝』という作品をしっかりユーザーに刻みつけることに成功したのではないだろうか。コーエーテクモゲームスの新たな看板作品として、今後の展開にも期待したい。」(デビル宮崎)

■次点

惜しくも表彰には至らなかったものの多くの票を集めたタイトルを次点として以下に紹介します。

・KILLZONE: MERCENARY (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・テラウェイ (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・ソウルサクリファイス (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・GOD EATER 2 (バンダイナムコゲームス)
・Urban Trial Freestyle (TateMultimedia)

豊作だったPS Vitaの2013年。来年はどんな年になるでしょうか。
《土本学》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

    青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  2. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

    【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  3. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

    劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

  4. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  5. 【昨日のまとめ】『FGO』新章「-Epic of Remnant-」紹介ページ公開、Steam版『プリンセスメーカー リファイン』発売、『Horizon Zero Dawn』海外向けゲーム紹介映像…など(2/18)

  6. 【昨日のまとめ】ゲーム業界の重鎮が集う会員制飲食店「84」へ潜入、『ポケモンGO』配信中の最新アップデート続報、『スプラトゥーン2』街中の1シーンが公開…など(2/17)

  7. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  8. すごーい!たっのしー!“フレンズ化現象”を巻き起こす「けものフレンズ」って一体!?

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【特集】『Googleカメラ翻訳大会(ゲームパッケージ編)』結果発表!―シュールな世界へようこそ…

アクセスランキングをもっと見る