人生にゲームをプラスするメディア

【Game of the Year 2013】Xbox 360部門は今年最大のヒット作となった『グランド・セフト・オート 5』

その他 全般

【Game of the Year 2013】Xbox 360部門は今年最大のヒット作となった『グランド・セフト・オート 5』
  • 【Game of the Year 2013】Xbox 360部門は今年最大のヒット作となった『グランド・セフト・オート 5』
  • 【Game of the Year 2013】Xbox 360部門は今年最大のヒット作となった『グランド・セフト・オート 5』
インサイド/Game*Sparkでは、2013年に発売されたゲームの中から、沢山のゲームに触れている編集者、ライター一同で選ぶベストゲームを「INSIDE / Game*Spark presents Game of the Year 2013」として表彰します。表彰はプラットフォーム別に行い、最も支持を集めたゲームを大賞、それに続く5タイトルを次点として発表します。



Xbox 360部門のトップとなったのは国内ではカプコンから発売された『グランド・セフト・オート 5』となりました。本作はプレイステーション3とXbox 360で発売されており、今回のGame of the Yearでは2つの機種で投票が分かれてしまった形になりましたが、総得票数は他のゲームを圧倒していました。

『グランド・セフト・オート 5』はロックスターゲームスが開発する超大作シリーズの最新作。アメリカ西海岸の都市を彷彿とさせるロス・サントスを舞台に、個性の異なる3人の主人公が時に争い、時に協力しながら、ギャングとして街でのし上がっていこうとします。圧倒的なスケールのオープンワールドで描かれるアクションとストーリーは必見です。

■投票者のコメント

「次世代機が騒がれている中、現行機のグラフィックの凄さを感じられた点だけでなく、シリーズ初となる3人の主人公にスポットを当てながら、ストーリの本筋を分散させることなく見事に群像劇を描いている点は脱帽。」(Hanzo)

「クルマを盗んで、銃をぶっ放して、虫けらのように葬られないようにギャングとしてのし上がっていこう。感情移入させていくれるストーリーと、完成されたオープンワールド、前作から数段レベルが上がった美麗なグラフィック。どの要素を取っても今年のナンバーワンに相応しいゲーム。」(土本学)

■次点

惜しくも表彰には至らなかったものの多くの票を集めたタイトルを次点として以下に紹介します。

・Far Cry 3 (ユービーアイソフト)
・Rocksmith 2014 (ユービーアイソフト)
・地球防衛軍4 (ディースリー・パブリッシャー)
・Gears of War: Judgment (マイクロソフト)
・BioShock Infinite (テイク・ツー・インタラクティブ)

みなさんが投票するとしたらどんなタイトルだったでしょうか? Twitter等でご意見聞かせてください。
《土本学》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

    【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  4. 【昨日のまとめ】食玩「スプラトゥーン ブキコレクション」第二弾ラインナップ判明、『ゲームの名シーン・感動編』5選、『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信…など(2/21)

  5. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  6. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  7. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  8. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

アクセスランキングをもっと見る