最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【ブラジルゲームショウ 2013】『聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ』のセッションに潜入・・・ドラゴンボール新作タイトルの新情報も

【ブラジルゲームショウ 2013】『聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ』のセッションに潜入・・・ドラゴンボール新作タイトルの新情報も

2013年10月30日(水) 12時04分
  • セッションスペースの様子の画像
    セッションスペースの様子
  • バンダイナムコゲームスの三戸亮氏からブラジルのファンに向けたメッセージが公開の画像
    バンダイナムコゲームスの三戸亮氏からブラジルのファンに向けたメッセージが公開
  • プレゼンの様子の画像
    プレゼンの様子
  • ブラジルのSaraiva(小売店)では、限定モデルも販売予定の画像
    ブラジルのSaraiva(小売店)では、限定モデルも販売予定
  • ポルトガル語版の限定パッケージも公開されたの画像
    ポルトガル語版の限定パッケージも公開された
  • バンダイナムコゲームスアメリカのJason Enos氏(ブランドマネージャー)の画像
    バンダイナムコゲームスアメリカのJason Enos氏(ブランドマネージャー)
  • デモプレイでは一輝を使用して対戦!の画像
    デモプレイでは一輝を使用して対戦!
  • 現地の公式雑誌で、DLCコードを付録にするということの画像
    現地の公式雑誌で、DLCコードを付録にするということ
  • 隣の男性が涙するほど喜んだ聖闘士星矢のTシャツの画像
    隣の男性が涙するほど喜んだ聖闘士星矢のTシャツ
  • 胸のイラストの画像
    胸のイラスト
  • 背面は無地でしたの画像
    背面は無地でした

ブラジルゲームショウで行われた『聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ』のセッションでは、同作の紹介はもちろん、2014年1月24日に発売予定の『ドラゴンボールZ BATTLE OF Z』の新情報も明らかになりました。

東京ゲームショウでは、ゲームの開発者がステージイベントで様々の新情報を発表するのが恒例になっていますが、ここブラジルではそうしたステージはあまりなく、ほぼ試遊展示がメインとなっています。

そんななか、SCEブースでは、30人弱を収容する開発者から直接プレゼンを聞けるスペースを設けています。ちょうど筆者が行ったタイミングでは『聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ』のセッションが行われており、扉の前には大勢のファンがつめかけていました。

本セッションに登壇したのは米バンダイナムコゲームスのJason Enos氏。Enos氏は過去4回ブラジルを訪れているとのことですが、ブラジルゲームショウへの参加は初めてとのことで「素晴らしいイベントです!」と話すと来場者からは大きな拍手が起こりました。

既に日本で発売されている本作ですが、ブラジルでは11月26日の発売ということもあり、発売を待ちきれないファンが多いよう。隣の席に座った男性も終始落ち着かない様子で、Enos氏から参加者全員にTシャツのプレゼントがあると発表されると、涙しながら筆者にハイタッチを求めてきました。

と、とにかく聖闘士星矢への愛に充ち満ちたユーザーが多く、デモプレイでもキャラクター選択からテンションは最高潮。どうやらブラジルではフェニックス一輝が人気なようで、会場では自然と一輝コールが発生。ゲームのデモプレイで、ここまでの一体感が生まれるのかと思うほどの感度の高さに、ただただ圧倒されてしまいました。

『聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ』のプレゼン終了後、Enos氏から、日本では2014年1月23日に発売されるPlayStation3/PlayStation Vita/Xbox 360ソフト 『ドラゴンボールZ BATTLE OF Z』の新情報として、ポルトガル語版のトレーラーが公開されました。

最近ブラジルでも公開された「ドラゴンボールZ 神と神」から、超サイヤ人ゴッドの悟空、そして破壊神ビルスがゲームに登場することが分かると、ファンからは大きな歓声が。また、その後の質疑応答では、「『ドラゴンボールZ BATTLE OF Z』はPS3とVitaのクロスセーブに対応するのか?」という問いに対してEnos氏が「対応しない」とコメントするなど、ゲームの仕様に関する質問が多く飛び出したのが印象的でした。

セッション終了後にEnos氏にお話を伺うと「本当に素晴らしいイベントで、来て良かったです。北米のゲームユーザーに比べてもブラジルのユーザーは非常に熱狂的ですね」とセッションの様子を振り返ってくれました。

(Article written by 宮崎紘輔)

ソニーアクセスランキング