人生にゲームをプラスするメディア

【ブラジルゲームショウ 2013】ブラジルでいまだに大人気の「ドラゴンボール」・・・映画公開記念ゲームの出来に驚き

その他 全般

映画公開を記念したゲームが展示されていた
  • 映画公開を記念したゲームが展示されていた
  • ゲーム画面:超サイヤ人ゴッドにもなれる
  • 戦闘中
  • リザルト画面:ビルス側の勝利
  • リザルト画面:悟空側の勝利
  • ゲーム配信中のサイト
  • ゲーム画面
  • ゲーム画面
日本でも今年3月に公開されて話題となったアニメ「ドラゴンボールZ 神と神」がブラジルでも10月に公開され人気となっています。その公開を記念して制作されたPCゲームが出展されていたので、試遊してきました。

ブラジルではいまだに「ドラゴンボール」と「聖闘士星矢」が日本のコンテンツとして絶大な人気を誇っています。日本でもアニメはもちろん、ゲームの人気もいまだに高い両作品ですが、ブラジルでの熱気は日本のそれ以上の様子。

筆者が会場内をうろうろしていると、どこからともなく、ドラゴンボールZのOP曲である「CHA-LA HEAD-CHA-LA」が聞こえてきました。思わず足を運んでみると、そこには「ドラゴンボールZ 神と神」と日本語で書かれたパネルと、PCで動くドラゴンボールのゲームが展示されていました。

担当者に話しを聞いたところ、映画公開を記念して作った作品とのことで、早速一緒に試遊することに。操作はXbox 360のコントローラーで行い、スティックでキャラクターを移動させながら、Aボタンで気を使った遠距離攻撃、Bボタンで格闘攻撃、Xボタンでガード、Yボタンでチャージができるという非常にシンプルなもの。

まず、孫悟空・悟飯・ベジータ・破壊神ビルスの4キャラクターから1人を選択します。本作は4人対戦が可能ですが、映画のシナリオにあわせてか、必ず悟空・悟飯・ベジータ対ビルスという3対1での戦いになっていました。悟空側はビルスを倒せば勝利、ビルスは悟空側の誰かひとりでも倒せば勝利となります。

戦闘時は、体力ゲージの他に、エネルギー残量を示すゲージもあり、悟空のみ超サイヤ人ゴッドになるための特殊ゲージも表示さています。筆者は悟空でプレイすることができましたが、基本的には敵の攻撃をかわしつつ、エネルギーを溜め、かめはめ波を撃つというのが一連の流れになっています。正直に言うととても単調なゲームですが、陽気なブラジル人と遊んでいたせいか、思わず熱中してしまいました。(必殺技を繰りだそうものなら「イヤァフーーーー!」と絶叫するほど。)

気になるゲームの中身ですが、グラフィックはもちろん、全体的にスーパーファミコンのゲームを思い出すようなクオリティで、ある種懐かしさすら覚えてしまいました。日本で言えばそこまでできのよろしくない同人ゲームといったレベルでしょうか。

一通り遊ばせてもらった後、少々皮肉交じりに「これはライセンスを受けたゲームなんですか?」と質問したところ、「もちろんだよ!ちゃんと東映からライセンスを受けてるんだ!」との回答。「本当に、ドラゴンボールも東映も最高だね!」と付け加え、なぜかブースの関係者全員が「東映!東映!東映!」と東映コールをし始め、収集がつかなくなってしまいました。

ちなみに、このゲームは無料で、http://abatalhadosdeuses.nuuvem.com.br/というサイトからダウンロード可能です。ただし、ダウンロードにはメールアドレスの入力が必要になり、インストールも必須と、実際に遊ぶにはそれなりにリスクも高くなっています。不具合・トラブルが発生しても当編集部では責任を負いかねますので、ご利用の際はご注意ください。
《宮崎紘輔》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

    【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』レアポケモンを求め多くのトレーナーが江ノ島へ、各チームリーダーのビジュアル公開、相模湾ポケモン生態調査…など(7/25)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』レアポケモンを求め多くのトレーナーが江ノ島へ、各チームリーダーのビジュアル公開、相模湾ポケモン生態調査…など(7/25)

  3. TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

    TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

  4. 【レポート】劇場版「遊戯王」生コメンタリー上映会、海馬社長の三段笑いでフィナーレを迎える

  5. 『サクラ大戦』シリーズ20年の軌跡を辿る展示会開催…トークショーやサイン会も実施

  6. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  7. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  8. 『レゴ スター・ウォーズ/フォースの覚醒』開発者インタビュー完全版 / テレビゲーム史上最高の剣士キャラクター10選 / 高温になった車内温度をもっとも早く下げる方法は?・・・編集部員も見るべきまとめ(7/25)

  9. 『艦これアーケード』藤田咲プレイムービー第3弾が公開、藤田艦隊(?)が新海域で大暴れ!

  10. ワンフェス2016[夏]グッスマブースレポ―「艦これ」鹿島やアイオワなど新作に注目集まる

アクセスランキングをもっと見る

page top