人生にゲームをプラスするメディア

【ブラジルゲームショウ 2013】ブラジルでいまだに大人気の「ドラゴンボール」・・・映画公開記念ゲームの出来に驚き

その他 全般

映画公開を記念したゲームが展示されていた
  • 映画公開を記念したゲームが展示されていた
  • ゲーム画面:超サイヤ人ゴッドにもなれる
  • 戦闘中
  • リザルト画面:ビルス側の勝利
  • リザルト画面:悟空側の勝利
  • ゲーム配信中のサイト
  • ゲーム画面
  • ゲーム画面
日本でも今年3月に公開されて話題となったアニメ「ドラゴンボールZ 神と神」がブラジルでも10月に公開され人気となっています。その公開を記念して制作されたPCゲームが出展されていたので、試遊してきました。

ブラジルではいまだに「ドラゴンボール」と「聖闘士星矢」が日本のコンテンツとして絶大な人気を誇っています。日本でもアニメはもちろん、ゲームの人気もいまだに高い両作品ですが、ブラジルでの熱気は日本のそれ以上の様子。

筆者が会場内をうろうろしていると、どこからともなく、ドラゴンボールZのOP曲である「CHA-LA HEAD-CHA-LA」が聞こえてきました。思わず足を運んでみると、そこには「ドラゴンボールZ 神と神」と日本語で書かれたパネルと、PCで動くドラゴンボールのゲームが展示されていました。

担当者に話しを聞いたところ、映画公開を記念して作った作品とのことで、早速一緒に試遊することに。操作はXbox 360のコントローラーで行い、スティックでキャラクターを移動させながら、Aボタンで気を使った遠距離攻撃、Bボタンで格闘攻撃、Xボタンでガード、Yボタンでチャージができるという非常にシンプルなもの。

まず、孫悟空・悟飯・ベジータ・破壊神ビルスの4キャラクターから1人を選択します。本作は4人対戦が可能ですが、映画のシナリオにあわせてか、必ず悟空・悟飯・ベジータ対ビルスという3対1での戦いになっていました。悟空側はビルスを倒せば勝利、ビルスは悟空側の誰かひとりでも倒せば勝利となります。

戦闘時は、体力ゲージの他に、エネルギー残量を示すゲージもあり、悟空のみ超サイヤ人ゴッドになるための特殊ゲージも表示さています。筆者は悟空でプレイすることができましたが、基本的には敵の攻撃をかわしつつ、エネルギーを溜め、かめはめ波を撃つというのが一連の流れになっています。正直に言うととても単調なゲームですが、陽気なブラジル人と遊んでいたせいか、思わず熱中してしまいました。(必殺技を繰りだそうものなら「イヤァフーーーー!」と絶叫するほど。)

気になるゲームの中身ですが、グラフィックはもちろん、全体的にスーパーファミコンのゲームを思い出すようなクオリティで、ある種懐かしさすら覚えてしまいました。日本で言えばそこまでできのよろしくない同人ゲームといったレベルでしょうか。

一通り遊ばせてもらった後、少々皮肉交じりに「これはライセンスを受けたゲームなんですか?」と質問したところ、「もちろんだよ!ちゃんと東映からライセンスを受けてるんだ!」との回答。「本当に、ドラゴンボールも東映も最高だね!」と付け加え、なぜかブースの関係者全員が「東映!東映!東映!」と東映コールをし始め、収集がつかなくなってしまいました。

ちなみに、このゲームは無料で、http://abatalhadosdeuses.nuuvem.com.br/というサイトからダウンロード可能です。ただし、ダウンロードにはメールアドレスの入力が必要になり、インストールも必須と、実際に遊ぶにはそれなりにリスクも高くなっています。不具合・トラブルが発生しても当編集部では責任を負いかねますので、ご利用の際はご注意ください。
《宮崎紘輔》

特集

その他 アクセスランキング

  1. “MX4D”版「ルパン三世 カリオストロの城」が1月20日より期間限定上映! 劇場で究極バージョンを体感せよ

    “MX4D”版「ルパン三世 カリオストロの城」が1月20日より期間限定上映! 劇場で究極バージョンを体感せよ

  2. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

    【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  3. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  4. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  5. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

  8. 『艦これ』スラリと伸びた足が魅力の「Z1(レーベレヒト・マース)」フィギュアが登場

  9. 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった

  10. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

アクセスランキングをもっと見る