人生にゲームをプラスするメディア

【BEST OF TGS AWARD 2013】アクション部門はPS4で無限のダンジョンに挑戦できる『deep down』に決定

ゲームビジネス その他



インサイド/Game*Sparkの編集者、ライターが選ぶ東京ゲームショウのベストゲーム「BEST OF TGS AWARD」のアクション部門はカプコンがプレイステーション4向けに開発している『deep down』に決定しました。

本作は、物に触れることでその物の記憶をリーディングする特殊な能力を持つ「レイブンズ」たちを描いた物語。プレイヤーはレイブンズの一人となり、自動生成で無限だけ存在する深いダンジョンに潜り、過去の思念や怨念を読み取りながら、過去の真実を知っていきます。基本無料のオンライン専用タイトルで、2月のプレイステーション4の発売付近でβサービスが開始される予定。

■選んだ主な担当者のコメント

riot_兄 / Game*Spark編集長
「カプコンの次世代機向けオンラインタイトルということで注目度の高かった本作。今回のTGSで全貌が一挙明らかになり、興味深い世界観やゲームプレイをユーザーが直接体験することができました。意欲的な新規IPという点もポイント。」

臥待 弦(ふしまち ゆずる)/ライター
「自動生成の3Dダンジョンがどこまで多彩になってくれるのか、大いに楽しみ。また、アクション性の強いRPGとしては珍しい操作系も、独特ながら馴染みそう。」

津久井箇人 a.k.a. そそそ / ライター
「PS4ならではのスペックを活かした圧倒的なグラフィック表現や処理能力が直接ゲームの面白さに結びつきそうなタイトル。どの範囲まで「自動生成」されるのかもまるで想像がつかず、ハイエンド機となるPS4のひとつの可能性を魅せてくれそう。」

ノミネート作品
・PsychoBreak (Bethesda Softworks)
・deep down (株式会社カプコン)
・Ryse: Son of Rome (日本マイクロソフト株式会社)
・rain (株式会社ソニー・コンピューターエンターテインメント)
・ACE COMBAT INFINITY (株式会社バンダイナムコゲームス)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  2. 元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

    元スクエニの和田洋一氏、ワンダープラネットの社外取締役に就任

  3. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  4. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  5. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  6. 【GDC2011】ゲーミフィケーション、明日から使える60のハウツー

  7. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  8. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  9. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  10. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

アクセスランキングをもっと見る

page top