人生にゲームをプラスするメディア

【BEST OF TGS AWARD 2013】アクション部門はPS4で無限のダンジョンに挑戦できる『deep down』に決定

ゲームビジネス その他



インサイド/Game*Sparkの編集者、ライターが選ぶ東京ゲームショウのベストゲーム「BEST OF TGS AWARD」のアクション部門はカプコンがプレイステーション4向けに開発している『deep down』に決定しました。

本作は、物に触れることでその物の記憶をリーディングする特殊な能力を持つ「レイブンズ」たちを描いた物語。プレイヤーはレイブンズの一人となり、自動生成で無限だけ存在する深いダンジョンに潜り、過去の思念や怨念を読み取りながら、過去の真実を知っていきます。基本無料のオンライン専用タイトルで、2月のプレイステーション4の発売付近でβサービスが開始される予定。

■選んだ主な担当者のコメント

riot_兄 / Game*Spark編集長
「カプコンの次世代機向けオンラインタイトルということで注目度の高かった本作。今回のTGSで全貌が一挙明らかになり、興味深い世界観やゲームプレイをユーザーが直接体験することができました。意欲的な新規IPという点もポイント。」

臥待 弦(ふしまち ゆずる)/ライター
「自動生成の3Dダンジョンがどこまで多彩になってくれるのか、大いに楽しみ。また、アクション性の強いRPGとしては珍しい操作系も、独特ながら馴染みそう。」

津久井箇人 a.k.a. そそそ / ライター
「PS4ならではのスペックを活かした圧倒的なグラフィック表現や処理能力が直接ゲームの面白さに結びつきそうなタイトル。どの範囲まで「自動生成」されるのかもまるで想像がつかず、ハイエンド機となるPS4のひとつの可能性を魅せてくれそう。」

ノミネート作品
・PsychoBreak (Bethesda Softworks)
・deep down (株式会社カプコン)
・Ryse: Son of Rome (日本マイクロソフト株式会社)
・rain (株式会社ソニー・コンピューターエンターテインメント)
・ACE COMBAT INFINITY (株式会社バンダイナムコゲームス)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

    【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  6. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  7. 子供たちが3Dプリンターでオリジナルキーホルダーを制作、ネクソンらが「みらいクリエイターズプロジェクト」開催

  8. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

アクセスランキングをもっと見る

page top